「お役立ち情報」の記事一覧 - 5ページ目

下取り査定に有利! 付けて快適・売るとき高い一挙両得なクルマのオプション装備5選

数年先の自動車事情を考える必要アリ  新車購入時に悩むのがオプションの選択。とくに新車の製造ラインでしか装着できないメーカーオプションは基本的に後付けがきかないだけに、より悩ましいところ。ここではこのところ新車購入時に注…

続きを読む...

速さも燃費もATが圧倒! だがMTが楽しい! というひと向けのマニュアル車を手足のように操るコツ6選

シフトレバー操作時は力を抜きスプリングを上手く使う  いまやすっかり少数派のMT車だが、効率云々ではなく、エンジンを楽しむ、運転を楽しむという意味では、AT車に勝る魅力がある。そんなMT車を操るときのコツをおさらいしてみ...

続きを読む...

根本解決はセルフでは厳しい! クルマ好きを悩ますヘッドライト曇りの対策とは

原因は紫外線と保護膜の劣化が大半  ヘッドライトのレンズが次第に曇ってきた、と悩んでいる人は多いのではないだろうか。最初はクリアだったのに、次第に曇ってきてしまうというやつだが、ライトの光量が減ってくるだけでなく、見た目…

続きを読む...

GWのドライブでもお財布にダメージ! 誰でも避けられるクルマの燃費を悪くする原因8つ

ふんわりアクセルは必ずしも効率的ではない  燃費なんていうものはムキになって稼ぐものではないと思うが、ノー天気に走っていると意外にロスが多いもの。ちょっとしたことで効率がよくなり、燃費にも好影響を与える要素があるので、新…

続きを読む...

サイズや銘柄が同じでも異なるのはなぜ? タイヤの「指定空気圧」が車種によって違うワケ

クルマによって指定空気圧が違うのは装備や車重が異なるから  運転席側のドア付近あるいは給油口等に貼付された空気圧表示シールに記載されている「指定空気圧」。  これは車種ごとに自動車メーカーが指定している値で、車重、車重の.…

続きを読む...

クルマ好きの宿敵「洗車キズ」! 可能な限り防御する本当に正しい洗車方法とは

キズを付けないためには可能な限りボディをこすらないことが大切  あまり気にしない人には関係ないだろうが、洗車好き、さらにはボディの程度にこだわる人にとっては洗車時のキズは宿敵といってもいい存在だ。気にしないという人でも、…

続きを読む...

あおり運転被害にも有効! これからの高齢ドライバー必須の「つながる国産実用車」4選

事故の際に救急や消防への連絡を行ってくれる機能も  クルマの未来感を強く感じさせる機能のひとつが、専用通信機を搭載したコネクティッドカーと呼ばれるクルマに装備される、ナビに連動したオペレーターサービス&ヘルプネッ...

続きを読む...

年式や走行距離だけじゃわからない! 中古車の状態を見極める裏技ポイント6選

年式と劣化の度合いを照らしわせてみるべし  中古車を買うというのは不安があるもの。走行距離や年式、見た目で判断しつつも、騙されているのでは? と疑心暗鬼になることも多々ある。最終的には、中古車のプロにかかればどうでも騙さ…

続きを読む...

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静岡~森掛川の約50kmの区間で試行最高速度が120km/hに引き上げられました。110km/hの試行期間を経て、交通事故の発生件数に大きな変化がなかっ...

続きを読む...

愛車が瞬時に盗られる恐怖! 最近話題の「リレーアタック」の対策4選

車種によってはスマートキーの微弱電波をオフにするモードが存在  昨年あたりから話題になっている、スマートキーの微弱電波を傍受して、クルマを盗み出す「リレーアタック」。便利さを悪用するタチの悪い手口だが、深刻な被害も出てい…

続きを読む...

乗り降りと広さが勝敗を分ける! 高齢者や乳幼児がいる家族が本当に選ぶべき国産小型車5選

ステップの低さは最重要項目  シニアな両親を後席に乗せる、あるいは小さい子供が自身で後席に乗りたがる、子供を抱いた母親が後席に乗り込む……そんなシチュエーションでは、コンパクトカーはあきらめたほうがいい……。  それは大...

続きを読む...

事故を44%も減少させる万能装備を切る必要ある? クルマの「横滑り防止装置」にオフスイッチがある理由とは

スタックしたときはオフにしたほうが良いことも!  すでに乗用車、軽自動車の新車への装着が義務づけられているESC(Electronic Stability Control)=横滑り防止装置。トヨタはVSC、マツダやBMW...

続きを読む...

乗り替え時に愕然! とならないために憶えておきたい「値落ちしにくい」クルマの条件とは

世界的に人気が高いSUV系は値段が落ちにくい  愛車を手放すときは少しでも高く売却したいというのが人情。しかし、新車価格が300万円で同じ3年落ち、3万キロの個体でも車種によっては100万円にもならなかったり、150万円...

続きを読む...

便利でなければクルマじゃない……派必見の収納力抜群の軽&コンパクトカー5選

クルマの中をスッキリ保ちたいなら収納にこだわる  進級進学、引越しや模様替えと、何かある人もない人も、なんだか知らないがやたらとバタバタする春。それに伴う用事やお出かけも増えて、気がついたらクルマのなかまでゴッチャゴチャ…

続きを読む...

この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

緊急回避に役立つテクも教えるべき  ほとんどの人が免許を取ったときにお世話になった自動車教習所。免許取得のための有益な技術と知識を教えてもらったにもかかわらず、自動車学校を母校と呼ぶ人はいない……。  実際、世のなかの学...

続きを読む...

ウィークリーランキング