「お役立ち情報」の記事一覧 - 29ページ目

いざ修理したら驚きの請求額! 壊れると意外に高額なクルマの人気装備3選

ヘッドライトの片側だけで約10万円という車種も  自動車とはいえ機械であるから、故障してしまうのはやむを得ない。しかし、故障する箇所によって修理代は雲泥の差となってくる。エンジンやミッションなど、クルマの根幹にかかわる部...

続きを読む...

「教習所じゃ教えてくれない」同乗者を不快にさせない運転方法とは

ペダル操作のコツを掴むだけでスムースさは大きく変わる  ドライビングというのはオペレートとは違う。アクセル、ブレーキ、ハンドルはオン・オフだけのスイッチではないし、絶妙でかつ微妙なペダルコントロールで加速・減速のGの変化.…

続きを読む...

安くて壊れにくい輸入車が続々!  日本車の優位性は失われたのか?

価格差は縮まっていても販売店の規模はまだまだ差がある  かつて輸入車を購入できるオーナー像としては、国産オーナーよりも富裕層というイメージがあった。しかし、グローバル化の影響なのか、最近では国産車と輸入車の価格差は縮まっ…

続きを読む...

いい中古を見かけたら即決! まもなく買えなくなりそうな国産スポーツカー4選

すでに新車価格よりも高値のモデルも  生産終了後も高い人気を維持し続けている車両の中でも、台数が多いのがスポーツモデルだ。最近は新車のラインアップからスポーツモデルが減少気味ということもあるが、少し前までは市場に豊富に存…

続きを読む...

いまどきの賢いオートエアコンでも万能じゃない? オートじゃないほうがいいケースとは

梅雨時などはマニュアル操作が有効なこともある!  いまどき新車で販売されているクルマはオートエアコンが標準装備されているケースが増えている。オートというだけに、ターゲットになる温度を設定しておけば、自動的に快適な室温にし…

続きを読む...

軽自動車200万円突入時代に150万円以下で狙える大満足ファミリーカー7選

150万円以下でも安全装備と機能性を両立するグレードは多い!  バターもチーズも宅配便料金も、なんでも値上がりする時代。クルマだって昔に比べたら高くなりましたよね〜。軽自動車でも200万円超えのグレードが出るくらいです。...

続きを読む...

ドライブレコーダー装着のメリットは? 自動車保険料への影響はあるのか

エアバッグや自動ブレーキのように保険料が安くなることはない  事故をはじめ、さまざまな交通トラブルの自衛手段としてドライブレコーダーの普及が拡大している。一説には、年間の販売数は200万個を超えるというほどだ。とはいえ、...

続きを読む...

ウーロン茶、新聞紙、などウワサの油膜落とし方法3つを検証! 使えるのはこれだ!

身近にあるアイテムでカンタンに落とせる!  梅雨の季節となり、ワイパーを動かしてもガラス面がギラギラして視界が悪い……。これは大気中の油分「シリコン」がガラスに付着した、いわゆる「油膜」が原因。油膜取り用のウォッシャー液...

続きを読む...

フロントガラスにフィルムを貼るのは違反なのか?

透過率の規定に注意すればフロント及び側面もOK  最近はブロンズガラスが純正採用されたりして、ウインドウフィルムの出番は少なくなってきているが、それでも需要はある。輸入車の多くは全面が透明だし、ものによってはフロントや前...

続きを読む...

新車値引きの5つの都市伝説! ホント? ウソ? 

なかには値引きに効果のあるものも 伝説①・商談は夜討ち朝駆けが効果的 ホント  早朝や深夜はもちろんディーラーは営業していないが、開店直後や閉店間際のほうが“買う気”をセールスマンにより強く印象付けることができるという点...

続きを読む...

未開封の場合クルマのオイル類の「消費期限」はどのぐらいなのか?

金属缶のエンジンオイルなら5年はもつ  ものにはなんでも消費期限などがある。なんでもというのは大げさかもしれないが、とりあえず形あるものはいつかは壊れるのは正しいだろう。クルマもそうで、永遠に乗れるクルマはない。ではいつ.…

続きを読む...

まるでクーペのようなスタイリッシュさ! 三菱エクリプス クロスの内外装をチェック

未来的でスポーティなエクステリアデザイン  スポーティなクーペデザインとSUVらしい力強さを融合させたボディスタイリングが特徴のエクリプス クロス。前後ピラーを寝かせてキャビンを薄く見せ、アッパーボディではシャープ&エレ...

続きを読む...

最近新車ディーラーで「車検切れ間近のお客」が歓迎されなくなった理由とは

車検の有効期限が約半年くらい残っているお客が好まれる傾向に  その昔、セールスマンが新車をすぐ買うかどうかの見極めで重要視していたのが車検有効期間満了まで残りがどれぐらいあるかであった。まだ車検シール(車検標章)が大きく…

続きを読む...

ホンダ・スズキ・ダイハツ、いま本当に買いな軽自動車3台とその理由

見た目・走り・使い勝手がすべてバランスされた3台 最近の軽自動車は、走りのよさはもちろんデザイン性の高さ、たっぷり積める収納力などが魅力だ。そこで、走りもユーティリティも両立するベストバイな軽自動車はどれか? モータージ.…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 金欠ファミリー必見! 乗れば満足も不人気がゆえに安値の中古ミニバン4選

    金欠ファミリー必見! 乗れば満足も不人気がゆえに安値の中古ミニバン4選

    人気ジャンルミニバンも車種によって人気はまちまち 3列シートを備えて多...

  4. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  5. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  6. マツダが力を入れる乗用ディーゼルを待ち受ける厳しい現実

    マツダが力を入れる乗用ディーゼルを待ち受ける厳しい現実

    マツダのディーゼルエンジンは他社を凌ぐ高効率化を果たしている マツダが...

  7. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  8. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...