「お役立ち情報」の記事一覧 - 32ページ目

パンクでスペアタイヤに交換! 応急用テンパータイヤで走行していい距離とは

100kmなどと言われるがデータ上は2000kmぐらいは大丈夫  クルマの日常トラブルで、一番ロードサービスのお世話になる頻度が高いのが、タイヤのパンク(JAFのデータ)だ。最近はパンク修理キットが標準のクルマも増えてき...

続きを読む...

威風堂々という言葉がピッタリなトヨタ・アルファード/ヴェルファイアの内外装を徹底解説

ライバルとは一線を画す圧倒的存在感を放つスタイリング  国産最上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジを受け、さらに存在感を増したスタイリングで登場した。アルファードはその象徴ともいえるフロントグリル…

続きを読む...

すり減った溝の浅いタイヤでも晴天時の走行なら問題ないのか?

晴天でも摩耗に従って性能低下は起こる  タイヤの溝は排水性と密接な関係があり、溝が減ってくると雨天の駆動力、制動力が低下してくるのはご存じの通りだ。だとしたら溝の減ったタイヤでも、晴れた日に限れば使用し続けても問題ないの…

続きを読む...

安全装備だけじゃ不十分! 現役で運転したい高齢者が本当に選ぶべきクルマとは

アンチエイジングを考えたクルマ選びが大切  少子化が進む日本は、世界屈指の高齢化社会へ向かっている。人口構成は一朝一夕に変わるものではなく、また平均寿命からすると突然、高齢者が減ってしまうこともない。そして、運転免許の取…

続きを読む...

運転者からは見えていない! 歩行者・自転車が自己防衛のために覚えておくべきクルマの死角

死角を見えやすくするデジタル技術も過信してはいけない  クルマには、運転席に座った状態ではどうしても目視で確認できないスペースがある。それが「死角」だ。前方の死角は、フロントガラスの下端の延長。標準的なセダンでは、車体の…

続きを読む...

新車ディーラーマンが見分ける「買う客」「買わない客」の違い

子連れファミリーはディーラーマンの期待度も上がる  ディーラーへ新車購入に向けた商談をするために出かけるときの服装について、話題になることがある。正装とまではいかないが、ある程度きちんと着込んで出かけるべきか、それとも奥…

続きを読む...

新型車でも注意! GWの遠出で発生するクルマのトラブル上位3つと対策5つ

2017年はGWにJAFへの出動要請が6万件以上!  もうすぐゴールデンウィーク。各地にドライブに行く予定の人も多いだろうが、そんな時に限ってトラブルも多発する傾向にあるので気をつけたい。JAFのデータによると2017年...

続きを読む...

荷室だけで買う価値あり! 便利すぎる技ありラゲッジを持つクルマ5選

愛犬が快適に過ごせるスペースが生まれるクルマも!  ボクはクルマのラゲッジには無限の可能性があると思っている。荷物を積む場所から、ユーザーのアイディア次第でいかにようにも使えるユースフルスペースに、である。今回は数あるク…

続きを読む...

追い越しなども注意! 初心者&高齢者にやってはいけない違法行為とは

仮免許練習中や身体障害者標識などの表示車両も同様!  街を歩くと真新しいスーツに身を包んだ新入社員や、大きめの学生服やランドセルを背負った新入生たちを多く見かける。そうした4月、5月は、道路でも初心者マーク(正式には「初...

続きを読む...

アイドリングストップの「オフ」スイッチはどんなシーンで使えばいいのか

オフにしたほうがコスト面で得する場合もある  日本車、輸入車問わず、ここ8年ほどで停止中エンジンを止め、燃費向上に寄与するアイドリングストップは当たり前の装備になった。今では純エンジン車でアイドリングストップが着いていな.…

続きを読む...

普段は平気なのに高速道路でハンドルがブルブル振動する原因とは

多くはタイヤやホイールに原因がある  街中では気にならないのに、高速道路を走るとハンドルからブルブルと振動が伝わってくる……。アライメントでも狂っているのだろうか? と思うかもしれないが、こうしたハンドルの振動は、タイヤ...

続きを読む...

飛び石でガラスにヒビが入ったときに必要な応急処置とは

ヒビにテープを貼ると応急処置になる  高速道路を走っていると、いきなりピシッと音がしたかと思うとガラスにヒビが入っていてびっくり。原因は前走車のタイヤに挟まっていた石が飛んだきたり、小さな落下物が当たったりなのだが、いず…

続きを読む...

無意識にやりがち! ボディブローのようにクルマを傷める行為5つ

すぐに違いが出るわけではないが長期で見ると大きな差が付く  最近のクルマは品質もよくなり丈夫になってきただけに、少々手荒い乗り方をしても傷むことはない。とはいえ機械である以上ストレスはかかるわけで、傷みは着実に進行する。…

続きを読む...

電気自動車のカタログに載っている「kWh」や「kW」の意味とは?

キロワットとキロワットアワーはまったく異なる  電気自動車のスペック表には見慣れない項目がいくつもある。そのひとつがバッテリーの総電力量だろう。単位はkWh(キロワットアワー)で、たとえば最新の日産リーフでは40kWhと...

続きを読む...

エンジンやトランスミッションのオーバーホールって何?

パーツを分解&新調し組み直すこと  クルマだけでなく、時計などでも使われるのが、オーバーホールという言葉。OHと略されることもあり、クルマだと古いモデルのメンテナンスなどで使われることが多い言葉だ。たとえば、大物だとエン...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...