装備が「付いている」だけではダメ! 新しいモデルというだけでもダメ! 本当に「安全なクルマ」の選び方とは (1/2ページ)

装備が「付いている」だけではダメ! 新しいモデルというだけでもダメ! 本当に「安全なクルマ」の選び方とは

この記事をまとめると

■クルマの最大の欠点は交通事故を発生させる可能性があること

■よって、安全性能はクルマ選びの上で重要なポイントだ

■この記事では安全なクルマの選び方を解説する

自転車に対応している衝突被害軽減ブレーキは設計が新しい

 クルマにとって最大の欠点が交通事故を発生させることだ。人が運転する以上、どれだけ慎重になってもミスは生じる。歩行者が飛び出すこともある。クルマはそれを避けねばならず、安全装備の重要性は、環境性能や自動運転に繋がる運転支援技術を上まわる。

 また不幸にして事故が発生した時、自車の乗員、あるいは事故の相手方となる歩行者や車両の乗員を守ることも大切だ。

 そして今は安全性を高める機能が進化している段階だから、基本的には設計の新しい車種ほど安全性も向上する。

【関連記事】むしろ日本より評価が高い! 「壊れない」とまで言われる海外での日本車の名声

安全なクルマが欲しい場合にチェックすべきこと画像はこちら

 衝突被害軽減ブレーキについては、一部の例外を除くと、車両と歩行者は検知できるようになった。しかし自転車に対しては対応がわかれる。自転車を検知できれば、設計の新しい衝突被害軽減ブレーキと考えて良い。

 また右左折時の対応もある。自車が右左折する時に、直進してくる対向車、あるいは横断歩道上の歩行者を検知して衝突被害軽減ブレーキを作動できるタイプは、設計が新しいと判断できる。

 日産の売れ筋車種に装着される衝突被害軽減ブレーキは、2台先を走る車両も検知している。ドライバーから見えない遠方での急ブレーキにも対応できるから、早期に危険を避けることが可能だ。

画像ギャラリー