「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

小さなキズはOKでひび割れはダメ? 傷ついたフロントガラスの交換基準と車検通過の条件

修理のために保険を適用させるか悩みどころ……  突然、やってくるのが飛び石。高速道路を走っていたら、ピシッというあれ。何事かとおもって見るとフロントウインドウにヒビが……。通常、加害者(つまり石を飛ばしたクルマ)が弁償す...

続きを読む...

交通事故の32%が追突事故! 適正な車間距離を取るべき本当の理由3つ

前走車に近づきすぎると視界が狭くなる  あおり運転の話題が続いているが、悪質なあおり運転は論外として、適正な車間距離をキープしないのは、そもそも安全上に大きな問題がある。  道路交通法にも、「車両等は、同一の進路を進行し.…

続きを読む...

事前に確認しておかないと大トラブルの可能性も! 他人のクルマを運転する際に注意すべきこと7つ

万が一のために確認しておきたい項目も……  春の行楽シーズン、そして最大10連休とも言われる今年のゴールデンウィーク。仲間や友人のクルマで出かけたり、帰省して実家のクルマを運転する機会も多くなるはず。基本的な項目もあるが...

続きを読む...

選ばないとカーライフの質がガクッと落ちる! ミニバンを買うなら必ず付けるべき装備ランキングTOP8

業界屈指のミニバンマイスターが必須装備を指南  ミニバン購入時に、付けると便利なオプションを、過去ミニバン愛用歴12年、業界でミニバンマイスターと呼ばれているボクがお教えしたい。アイテムは8つだが、上から重要度が高くなっ...

続きを読む...

機能美だけじゃない! 上質感もプラスした新型三菱デリカD:5の内外装をチェック

プレステージ性を高め迫力を増したルックス  あくまでマイナーチェンジゆえ、ボディサイズやプロポーションに大きな変更はない。ところがルックスは、全面改良を受けたと聞いても疑わないほどに大胆な変貌を遂げた。  フロントでは三.…

続きを読む...

新東名高速などの制限速度が一部120km/hまで引き上げ! 乗用車とトラックの速度差にキケンはないのか

大型トラックの制限速度は80km/hで40km/hの差  新東名高速道路の一部区間などで制限速度が120km/hまで引き上げられることが発表された。すでに110km/hまで引き上げた区間であり、まさに社会実験ともいえる1...

続きを読む...

シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

じつは昔からあったカスタマイズの手法  クルマの車高は低いほうがエライ! ということでエアサスを使ってボディを“着地”させるようなカスタムがある一方、車高を上げる「アゲ系」も増えていることは、大阪オートメッセなどのカスタ...

続きを読む...

新車とはタイミングが異なる! 中古車を買うなら4〜7月がお得なワケ

新車と中古車の買い時は大きく異なる  新車の登録台数(軽自動車は届け出台数)がもっとも多いのは、決算期の3月。2位は中間決算期の9月で、最近は2月の台数も増えた。値引きの増額などから、新車をもっとも購入しやすいのは3月だ...

続きを読む...

何を選べばいいかわからない! 一般的なガソリンスタンドでできる洗車の種類と特徴とは

ガソリンスタンドの洗車メニューはおもに3パターン  愛車の洗車、どこでやっていますか? 自宅の前? コイン洗車場? 専門業者といろいろあるだろうが、やはりガソリンスタンドで洗車している人が多いのではないだろうか。  ガソ...

続きを読む...

再始動でひと安心……は間違い! バッテリー上がりのクルマをジャンプスタートした際の正しいアフターケアとは

すぐにエンジンを止めてしまうと再始動できなくなることも  クルマのバッテリー上がりは、けっこう身近なトラブルだ。JAFのロードサービスの出動依頼でも、年間を通じ一番多い出動理由はバッテリー上がり(全国で年間約74万件!)...

続きを読む...

スリップサインじゃ決められない!  スタッドレスタイヤを来季も使えるかの判断基準とは

スタッドレスタイヤは5部山以下になったら要交換  今シーズンは、東北地方も新潟、長野方面でも、気温は低いが、雪は少なめというところが多かった。ましてや雪国以外では、せっかくスタッドレスタイヤを履いていたのに、一度も雪道を…

続きを読む...

溝を眺めるだけじゃダメ! クルマの走行前に行うべきタイヤの正しい点検方法とは

10円玉を使って残り溝を見るという裏ワザも!  本来は運行前点検はオーナーに義務づけられ、乗る前には各部を点検する必要があるがなかなか励行は難しい。ただ、それでも安全に直結するタイヤだけは走る前に必ずチェックしておきたい...

続きを読む...

安値に飛びつくと後悔も! 買っても良い「修復歴あり」のクルマの見分け方とは

修理の内容をシッカリと説明してもらうことが第一  中古車を買うときの不安は、事故車起こしや修復車だろう。以前は誤摩化して売られていることも多かったが、最近では査定が厳しくなったため、中古車サイトや雑誌を見てもはっきりと修…

続きを読む...

ただのススと侮るなかれ! マフラー出口の黒い汚れは愛車からのSOSの可能性有り

黒いススは不完全燃焼時に出るもの  最近はデザイン的にマフラーのテール部分を大きく目立たせているクルマは少なくなってきたが、よく見るとパイプの部分が黒くなっていることがある。昔のクルマと比べると良くなってきたが、それでも…

続きを読む...

何もしないと事故のリスクも高まる! 誰でもできるクルマの花粉対策とは

まずは車内に持ち込まないようにする  今年は暖冬だったからか、スタートが早い気がする花粉症。かくいうワタクシも重度の花粉症で、毎年苦しめられている。薬もよくなったので以前よりはマシだが、それでも痒くはなるし、ムズムズはす…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...