「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

ほとんど走っていない掘り出しモノの旧車、奇跡の1台は買いなのか?

コレクションなら問題ないが乗るとなると「新車」とは違う  長く乗られていない、未登録車や新車というのが突然出てくることがある。奇跡の1台といったところだが、そこまで行かなくても年式の割にはわずかしか走っていない中古車とい.…

続きを読む...

プロに頼んでもクルマの修理部分が従来のボディの色と違って見える理由とは

そもそも同じボディカラーのクルマでも生産時から微妙に異なる  事故や凹み、キズ修理の仕上がりで、多いトラブルが色が合っていないというもの。街中を走っているクルマのサイドを見ると、ドアやフェンダーだけ色が違うことがあったり…

続きを読む...

メルセデス・ベンツやレクサスなどの高級ブランドがパトカーに採用されない理由とは

警察車両には存在するがブランド力はパトカーには不必要  先日も栃木県警に、日産GT-Rが市民の寄付をうけて導入され話題を集めたばかりだが、過去にもNSXやスカイラインGT-R、RX-7にインプレッサSTIなど、高額かつハ...

続きを読む...

夏のカーライフで「注意すべきこと」と「絶対にやってはいけないこと」

車内の場所によっては80度近くになることも!  日本の夏は暑い! その容赦ない暑さの中、トラブルフリーのカーライフを送るにはどうすればいいか。注意すべき点は「クルマ・人・モノ」の三点といえる。  1)クルマ  真夏のクル...

続きを読む...

日本なら100km/hちょっと出れば十分! なのにハイパワーなクルマが求められる理由とは

エンジンの場合加速のよさを求めると自ずとパワーも上がる傾向  国産車には、かつて280馬力という自主規制もあったが、いまや300馬力オーバーのクルマは珍しくなく、日産GT-R NISMOに至っては600馬力(441kW)...

続きを読む...

果たして横綱は? オジサンが昔峠で攻めまくったスポーツモデル人気番付

横綱はトヨタと日産の2大FRスポーツ!  サーキット走行会のようなものが影も形もなく、マイカーでサーキットを走る機会がほとんどなかったふた昔前は、人里離れたワインディングをかっ飛ばすのが、“正統な”走り屋(暴走族とは違う...

続きを読む...

夏に多いクルマのサンシェード、フロントだけ日光を遮る意味はあるのか?

ダッシュボードの保護や運転操作系の温度が上がるのを防げる  夏本番ともなると、活躍するのがサンシェードだ。カー用品店で、激安で売っていたりするので愛用している方も多いのではないだろうか。効果のほどはというと、直射日光を遮…

続きを読む...

純正・ディーラーOP・社外はどれが正解? 今どきカーナビの選び方

性能だけに注目するならムリして高い純正を選ばなくてもいい  とくに新車を買う際には最初から標準装備のクルマ(≒高級車、高額車)であればいいが、そうでないクルマの場合カーナビも一緒に買うことがほとんどだろう。そのカーナビ、.…

続きを読む...

クルマ用に開発されたものじゃなかった! 意外なものから来た技術5選

飛行機や鉄道からきた技術が多い  クルマというのは、世界的に見ても基幹産業で、さまざまな技術が生み出されているが、すべてが自動車由来というわけではない。他ジャンルで開発や発明されたものがけっこうある。今回はいくか紹介しよ…

続きを読む...

危険だから? オートマ全盛の今でも左足ブレーキが普及しない理由とは

推奨しないメーカーもあり教習所でも右足操作を教える  サーキット系モータースポーツの入門カテゴリーであるカートから、F1などのフォーミュラマシン、スーパーGTのレーシングカーなどでは右足がアクセル、左足でブレーキを踏むと...

続きを読む...

単に燃費が向上するだけじゃない! エコタイヤがエコたる3つの理由

転がり抵抗低減以外にも各メーカー「エコ化」を実施している  ここ10年近く、タイヤ業界はグリップに代表されるスポーツ性能へのウエイトが減りつつあることもあり、エコタイヤと呼ばれる環境性能を重視したタイヤが主力となっている...

続きを読む...

悩んでいる人の多いクルマのヘッドライトの暗さ! 有効な対処法は?

暗い場合はLEDではなくHIDに交換するのが効果的  ライトが暗い。これは永遠の課題なのかもしれない。その昔はシールドビームという、レンズとバルブが一体化したタイプが主流で、これは今見ると行灯(あんどん)並みのボーッとし...

続きを読む...

いざ修理したら驚きの請求額! 壊れると意外に高額なクルマの人気装備3選

ヘッドライトの片側だけで約10万円という車種も  自動車とはいえ機械であるから、故障してしまうのはやむを得ない。しかし、故障する箇所によって修理代は雲泥の差となってくる。エンジンやミッションなど、クルマの根幹にかかわる部...

続きを読む...

「教習所じゃ教えてくれない」同乗者を不快にさせない運転方法とは

ペダル操作のコツを掴むだけでスムースさは大きく変わる  ドライビングというのはオペレートとは違う。アクセル、ブレーキ、ハンドルはオン・オフだけのスイッチではないし、絶妙でかつ微妙なペダルコントロールで加速・減速のGの変化.…

続きを読む...