「お役立ち情報」の記事一覧 - 4ページ目

チェーンは駆動輪だけに装着? 4輪すべてに巻かない理由とは

駆動輪以外には巻かないようにという回答のメーカーも  まだまだ続くウインターシーズン。雪国の人は、本格的な春を迎えるまでスタッドレスタイヤを装着しているので問題ないだろうが、非降雪地帯に住んでいる人は、いざというときタイ…

続きを読む...

その課金ちょっと待った!  付けて後悔しがちなクルマのオプション5選

雪道ドライブが多い場合のLEDフォグランプはかえって不便  かつては「ダサくて、高い」と評されることもあった純正アクセサリーだが、いまどきはデザインもスマートになっているし、フィッティングを考えると価格的にも納得できるも...

続きを読む...

知らなきゃソン! 新車購入時の値引きアップ「裏技」6選

交渉次第でカットできるのは“納車費用”と“車庫証明代行費用”  今回は新車ディーラーでの値引きアップ術を6つ挙げてみたい。 1)女性が商談の主役  セールスマンは商談のキーマンとして奥さんを重要マークしている。たいていの...

続きを読む...

ホントに使えるクルマはどれだ? 流行りの3列シートSUV最新車5台のマルとバツ

フル乗車すると動力性能的に不足が生じるクルマも  世界的なSUVブームのなか、SUVの3列シート車が続々と登場している。日本車ではホンダCR-V、マツダCX-8、レクサスRX450hL、日産エクストレイル、三菱アウトラン...

続きを読む...

好みがなければ特性に注目! クルマのボディカラーが持つ意外な効果6選

黄色いクルマは虫の集中攻撃にあう 1)事故に遭う確率が少ないといわれる色  明るい色のほうが事故に遭う確率は少ないと言われる。当たり前といえば当たり前なのだが、じつはキチンとしたデータがないのもまた事実だったりする。事故.…

続きを読む...

高すぎた前評判! イザ登場したら期待ハズレだった残念なクルマ5選

ハチロクの再来と噂されたがフツーのセダンだったモデルも  前評判はとてもよかったのに、実際に発売してみたらパッとしなかった例というのはよくある。今回は、そんな“前評判だけグルマ”にスポットを当ててみよう。 1)日産ステー...

続きを読む...

コンディションは新車同様! あえて未使用車に手を出すべき人の条件とは

「新古車」から「登録済未使用車」に呼び名が変わった  中古車を探していると「登録済未使用車」といった表記を見かけることがある。中古車なので登録(ナンバーをつけること、軽自動車の場合は届出)しているのは当然で、走行距離がお…

続きを読む...

現役子育てママが本気で推す! 親子大満足の使えるコンパクトカー5選

同じコンパクトカーでも室内の工夫で使い勝手は大きく異なる  子どもと過ごす毎日には、とにかくクルマがあると助かる場面がいっぱいです。ママチャリも便利ですが、子どもを乗せると予想以上に荷物が積めない(涙)。オムツやトイレッ…

続きを読む...

洗うだけじゃダメ! 意外と知らない洗車後の仕上げポイント5つ

仕上げにひと手間加えることで愛車の見栄えがグンとよくなる  日常的なボディケアというと、シャンプーで洗って、拭きあげて完了。さらに必要に応じて、ワックスやコーティングをかけて仕上げるといったところだろうか。もちろんこれで…

続きを読む...

予習しておかないとパニックに! 簡単なようでぶっつけ本番だと使えないクルマの装備8選

見た目はいいが英語表記がわかりづらいものも  昔のクルマはシンプルだとよく言われるが、操作系やスイッチ類も同様で、メーカーが違っても操作に困ることはなかった。それが最近で多機能化しすぎていることもあって、使い方や操作の仕…

続きを読む...

この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい!  ミニバンだけでなく、最近はSUVにも3列シート車が続々登場している。しかし、その3列目席、“大人が乗る”前提なら、ミニバンならM&Lクラスボックス型以上、SUVではマ...

続きを読む...

万能じゃないウインドウ撥水コーティング! ヘタをすると最悪ガラスに傷も

撥水によってガラスの表面が乾きワイパーの「ビビり」が発生  ウインドウコーティングをしている方は多いのではないだろうか。撥水剤とも呼ばれるだけに、雨を弾いて、走行風で飛ばしてくれるので、雨の日、とくに夜のドライブには絶大…

続きを読む...

なぜ正規ディーラーじゃダメ? 愛車のメンテナンスをショップに頼むべきケースとは

今ではディーラーが非正規のショップを紹介してくれるケースも  ディーラーでメンテナンスするメリットはなにかと考えみると、まずは正規ならではの安心感だろう。対応のよさやクレームの言いやすさも含めてだが、技術的には最新モデル…

続きを読む...

最悪オーバーヒートで大惨事に! クルマで走行中にビニール袋が飛んできたときの対処法

キズになることはないがクルマに絡むと大変な事態になることも  最近は管理が行き届いていることもあって、昔のようにいろいろなモノが落ちているということは少なくなってきているが、そのなかでもよく遭遇するのがビニール袋だ。誰で…

続きを読む...

大切な愛車でまさかの事故!  修理と廃車の境界線とは

「対物全損時修理差額費用特約」でも保証は最大50万円  クルマを愛する人であれば、なんとしても避けたいのが事故だろう。大切にしている愛車がキズモノになってしまう悲しみは計り知れないものだ。しかし、いくらドライバーが気を付...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...