「お役立ち情報」の記事一覧 - 5ページ目

歴史に残る自動車名キャッチコピー15選!

いくつ覚えていますか?  クルマのCMに使われるキャッチコピー。どのクルマも新車が登場すれば、そのクルマの性格、魅力をイメージした、キャッチコピーが与えられるが、非常にインパクトが強く、いつまでも人々の記憶に残るフレーズ...

続きを読む...

輸入車のカタログで見かけるアロイホイールとは? アルミホイールとは違うのか

合金のことを示す英語  BMWなどの欧州車のカタログで時々目にする「アロイホイール」。「アルミホイール」の誤表記なのでは? と思ったり、そもそも「ルミ」と「ロイ」の違いに気がつかずに読み飛ばしている人も少なくないのでは…...

続きを読む...

年末年始はガス欠に注意! 高速上では点数2点に9000円の反則金の場合も

JAFの救援依頼内容ではタイヤのトラブルに続き2位!  燃料メーターもついているし、給油警告灯までついているのに、何でガス欠に? と思うかもしれないが、ガス欠になった経験者は意外に多く、JAFの2016~2017の年始年...

続きを読む...

レギュラーやハイオクの「オクタン価」はどのガソリンスタンドでも同じ?

下限の数字は決まっているが小売り段階では異なる  日本国内で販売されているガソリンには、レギュラーとハイオクの2種類があります。これは工業製品ということになるので、明確にJIS規格があります。オクタン価では、レギュラーガ...

続きを読む...

DQNカーに腹が立っても……ドラレコで撮ったクルマのナンバーをネットで晒していいのか?

自動車のナンバーだけなら個人情報にはあたらない  あおり運転が話題となり、ドライブレコーダー(ドラレコ)の装着率も上がっているという。そうなると、今までは記録できなかった映像が自動的に残ることになる。インターネットを検索…

続きを読む...

子どもや愛犬の「クルマ酔い」を解消できるチューニングアイテムとは?

走りを楽しむためのアイテムが酔いにも効果あり!  最近、子育て世代や愛犬家に注目されているのが、マツダのG-ベクタリング コントロールだ。ステアリング操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させ、クルマの4輪の接地荷重を最...

続きを読む...

1月3日から営業のお店も! 新車ディーラー初売りセールが本当にお得なワケとは?

お買い得車や福袋もあるが値引きの面にも注目  年が明けると1年でもっとも新車が売れるとされている“年度末商戦”が事実上スタートする。ここ数年は、より好条件(値引きなど)でベストな新車を購入するためにはスタートダッシュで勝...

続きを読む...

クルマのタイヤのパンクは前輪より後輪のほうが多いって本当?

都市伝説ではなく実際にリヤタイヤのパンクが多い  タイヤショップやカー用品店、ガソリンスタンドなどで、「走行中、フロントタイヤから巻き上げた釘などがリヤに刺さるので、リヤタイヤのパンクが多い」という話を聞いたことがないだ…

続きを読む...

ファミリー層必見! クルマのシートの食べ物汚れはどう落とす?

シートの汚れ落としは拭かずに叩いて落とす  楽しいドライブ。車内で飲んだり、食べたりすることも楽しさのひとつだけど、かならずと言っていいほどやるのが、食べこぼしなど。コーヒーやジュースなどもよくこぼす筆頭格だ。シートに付…

続きを読む...

小型車のFF全盛時代になぜ軽トラや軽ワンボックスはリヤ駆動ばかりなのか?

荷室の長さを最大限に確保するため  トヨタもFR車を縮小していく方針なので、後輪駆動車は将来的にもっと少数派になっていくことでしょう。なぜ前輪駆動車になってきたのかは、いろいろなところで検証可能だと思いますが、現状、後輪...

続きを読む...

車名の復活が多い自動車メーカーとは?

もともとのイメージがあるためどんな自動車かが伝わりやすい  車名というのは、そのクルマの名刺代わりと言ってもいいもの。どんなキャラクターで、ターゲットはなにかなどがうまく伝わらないと意味がない。それだけ、メーカーにとって…

続きを読む...

ドライブレコーダーの取付位置に注意! 場所によっては違法のケースも

ルームミラーよりも低い位置だと死角で見えないことも  走行中の風景、音声が録画できるということで、需要がどんどん増えてきているドライブレコーダー。吸盤やサンバイザー用フックなどを使って、簡単に取り付けられる製品も多いが、…

続きを読む...

10年放置が18車種!? なぜ自動車メーカーはモデルチェンジをしないのか?

まもなく消えそうな本当に放置されているのは4車種  過去5年間で、燃費競争の激化によってパワートレインの効率改善と、ボディ・シャシーの軽量化が急速に進行。装備の低価格化や高齢者による重大事故の増加に伴い、安全技術の普及・...

続きを読む...

意外な若者の本音! 20代の8割がクルマデートを希望している

デートでは今でもスポーツカーが大人気!  コインパーキングのタイムズなどを運営するパーク24は、同社の会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した、「クルマでのデート」についてのアンケート結果を発表した。  調...

続きを読む...

クルマの電子化でディーラーメカニックが育たない! 古いクルマを直せない若手が現場に増加中

修理よりもユニット交換などクルマ自体の作りが変化 「今どき若いメカニックに任せてもクルマが直らない」という話を聞いた。あまりに漠然としていたので、新車販売業界に詳しいひとに聞いてみた。 「法定点検などの定期点検に関しては.…

続きを読む...