STI Performance Conceptが指し示すスバルとSTIの未来

STI Performance Conceptが指し示すスバルとSTIの未来

350馬力を発生する2リッター水平対向ターボを搭載

 並みのBRZでないことはスペックを見なくてもわかる。STIがレースで得たノウハウを惜しみなく投入し、パフォーマンスを磨き上げたSTI Performance Conceptは、スバル車のカスタム&チューニングの未来を見せてくれる。STI_02

 2016年のオートサロンもスバルと同社のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が共同でブースを出展。コンセプトモデルやレーシングマシンが並べられていた。
来場者の目を引いたのが2015年のニューヨークモーターショーでお披露目された。STI Performance Conceptだ。STIは事業拡大に向け、パーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツ活動を強く訴求していく。そのイメージリーダーとなるのがSTI Performance Conceptというわけだ。STI_03Super GTレース用のEJ20型2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載したスペシャルなモデルで、最高出力は350馬力を発生する。

 


外観はレーシングマシンさながらのスパルタンな仕様で、大型のリヤウイングをはじめ、サイドスポイラーやリヤディフューザー、ドアミラーまで随所にカーボン製のエアロパーツを装備するなど、かなり気合いの入ったモデルであることは間違いない。

スバル公式ホームページ

 [関連記事]

[エコカー選び]人気ハイブリット中古車の魅力と誘惑

[ムービー]水平対向4気筒エンジンのルーツ、1967年型スバル1000に乗った!

ワークスチューン一気乗り[スポーツカー編](STI/無限/NISMO)

画像ギャラリー