レーシングギアの老舗[アルパインスターズの歴史と製品への拘り]【PR】

超一流が好むレーシングギアは歴史と研究開発に裏打ちされた技術力がある

58957
1960年代に山岳シューズに始まり、スキーブーツ、そしてモトクロスブーツへと次々に進出し、成功を収めた

 いま日本の自動車文化においてサーキット走行のハードルはもっとも下がっている。各地にできたミニサーキットであれば数千円のコストでサーキットライセンスが取得でき、フリー走行の料金設定も100から150円/分のレベルから存在しているほど身近な趣味となっている。クルマにしてもノーマル状態でも走ることは可能だ。とはいえ、サーキット走行をするようになればクルマもチューニングしたくなるだろうし、スーツやグローブ、シューズといったレーシングギアにもこだわりたくなるものだ。

WEB CARTOP
名だたるチャンピオンがアルパインスターズのレーシングスーツを着用している。運動量、動きやすさ、難燃性などありとあらゆる角度から機能性を追求しているからこそ、一流ドライバーに信頼され愛用されるギアとなる

 もちろんギアというくらいで機能を最優先して選ぶべきだが、ドライビングに最適なウェアやシューズを「見る目」を最初から持っているということはないだろう。ならば、信頼できるブランド選びの目安となるのは、あこがれのレーサーが使っているブランドということになる。もちろん歴史の長さも重要だ。長年にわたってトップカテゴリーのレーサーが使っているということは信頼性を担保する事実に他ならない。

 前置きが長くなったが、レーシングギア選びにおいて、とくにレーシングシューズにおいて見逃せないブランドとして「アルパインスターズ」を挙げておきたい。最近でいえばセバスチャン・ベッテル、ちょっと遡ってミハエル・シューマッハにポール・トレーシーといった綺羅星のごとく輝くチャンピオンドライバーの足元で、共に闘っていたのはアルパインスターズのレーシングシューズであることは知られている。

 同社の歴史は古く、50年を超えている。登山靴に始まり、二輪モトクロスのシューズからモータースポーツに関わってきたアルパインスターズ。1970年代に世界モトクロス選手権500ccクラスで5度のチャンピオンに輝いたロジャー・デコスタは、その初勝利をあげた1968年のイタリアGPからアルパインスターズのブーツを履いていたという。1970年代後半にはロードレースの世界でもアルパインスターズはチャンピオンの走りを支えることになる。やはり3度の世界チャンピオンに輝いたケニー・ロバーツもアルパインスターズのブーツを履いていたのだという。二輪GPでいえば、ランディ・マモラやミック・ドゥーハンといったライダーもアルパインスターズの愛用者だった。

WEB CARTOP
スキーブーツのリアエントリーモデルの新作を心配そうに見つめるアルパインスターズの創設者であるサンテ・マッツァローロ(写真右)。花が付いた初期型のロゴマークが、スキーブーツのくるぶし付近に確認できる

 そうしてトップカテゴリーのレース界で認められるようになったアルパインスターズは、ドライバーのパフォーマンスを最大限に引き出すレーシングスーツやグローブといったレーシングギア全般に、経験を活かすことになり、現在に至るのだ。

 その製品コンセプトを一言でいえば、使うほどに馴染み、ドライバーと一体化するレーシングギア、といえるだろう。たとえばシューズでいえば「まるで素足のようでありながらも、踏力を確実に伝える極薄高剛性なソール」や「スムースなペダル操作をアシストするヒール形状」といったように明確な目的を持って、機能を構築しているのである。その上位グレードである『スーパーモノ』『TECH1-Z』において、アッパー部分に超軽量カンガルーレザーを使用しているのは、ドライバーの体と一体化し、思いのままにペダル操作をするための必然的なチョイスだという。こうしたこだわりが細部まで詰め込まれているのが、アルパインスターズのレーシングギアなのである。

WEB CARTOP
使うほどに馴染んできて、自分の体の一部の用なレーシングシューズに仕上がっているのが、アルパインスターズの特徴だ。あたかも素足で操作しているかのような繊細なフィールと、ハードブレーキングでも踏力を確実に伝える極薄高剛性なソール、さらに流れるようにスムースなペダル操作をアシストするヒール形状と研究開発を続けるアルパインスターズならではの拘りが製品に息づいている。また上位モデルには超軽量なカンガルーレザーが採用されている

アルパインスターズ公式ホームページ

 [関連記事]

2016年の国内最高峰レース「スーパーGT」の見所とは?[GT300編]

2016年の国内最高峰レース「スーパーGT」の見所とは?[GT500編]

熱狂と狂乱に湧いたグループCカーの時代(1982-1992)