新車を買うなら下取り査定額アップの年度末がチャンス!

新車を買うなら下取り査定額アップの年度末がチャンス!

決算期となる年度末の3月は、新車の値引き幅がMAXに!

 毎年3月になるとどこの会社も決算期を迎え慌ただしくなる。自動車メーカー、自動車販売会社も例外ではない。業績を少しでも伸ばしたいタイミングだから、年度末は新車の値引き幅や下取り車の査定、各種オプションの割引やサービスなどが、一年で一番期待できる時期だ。つまり今こそ、最大の買い時なのだ。

 買いたい新車がある人は、このお買い得時期を見逃す手はないだろう。

 ディーラーの前では、「年度末フェア」「決算大セール」など、のぼりやチラシを目にするので、まずはお店に飛び込んで、情報収集をしてみよう。WEB CARTOP

 このときチェックしておきたいのは、なんといってもお目当てのクルマの在庫と納入時期。今期の各セールスマン、そして販売店の成績になるのは、年度内=3月末までに新車登録されたクルマ。単なる契約しただけでは成績にカウントされないので、年度内登録が難しいクルマは、2月や3月の商談でも、あまり値引きは期待できないということになる。WEB CARTOP

 具体的に、ホンダのS660など、相変わらず納期が長いので、年度末効果はほぼ無関係。その反面、デビューしたばかりの新型プリウスなどは、早くても納期は3か月後と言われているが、出足好調とはいえ、先代プリウスのデビュー時ほどの勢いはないので、今後の売れ行きの見通しに不安があるため、決算セールの恩恵もあり得る。5_関東M熊谷店_内装_IMG_1346

 その他、値引きはトータルで考えるのも肝心だ。車体本体価格だけでなく、オプションパーツの値引き&サービスや、ローンの金利なども重要。とくに決算シーズンは、「低金利キャンペーン」を行うディーラーも多いので、要チェック。また、下取り車の査定額アップもこの時期ならでは。人気車種はより高く、通常なら査定ゼロのクルマでも、年度末に限り、下取り名目で値引き額アップになるのも珍しくない。WEB CARTOP

 ちなみに輸入車も昨今は国産車に合わせて、年度末フェアを行う傾向があることも覚えておこう。

 ただし、ディーラーマンも人の子なので、あまりえげつない値引きを要求するのは得策ではない。購入後のメンテやサービスも含め、長期のカーライフで得するように、いい人間関係を構築するのがベストだろう。

 古典的だが、夫婦一緒に商談して、値引きを迫る人となだめる人、買う気満々の人と乗る気でない人などと、役割を分担して臨むのも効果的だったりする。週末は、ぜひともお目当てのディーラーに行ってみてはいかがだろう。

画像ギャラリー