伝説の名車トヨタ・カローラ・レビンが復活!

伝説の名車トヨタ・カローラ・レビンが復活!

最新のレビンはハイブリッド!

 あのカローラ・レビンが復活なんて驚きだろうが、本当の話。本誌取材班も、新型レビンのナンバー付きの実車を見たときに目を疑った。嘘偽りない本当の話だけど、場所は中国だ。昨年のモーターショーに展示され、いろいろな噂が飛び交っていたが、本当のことがわかったので、リポートしよう。しかも、この新型に乗ることもできた!

【関連記事】【500ps超え】スーパーカー並のスペックを持つ超荒削りな中華SUVに乗った

webcartop_レビン_中国20

 中国では広州汽車とトヨタの合弁会社で、カローラが作られている。そのカローラのハイブリッドに、欧文で「LEVIN(レビン)」と付けられているのだ。じつは、中国の人はこのレビンになにも驚いていない。レビンの前モデルは欧文表記ではなく、中国語で「レビン」と発音する「雷凌」(日本語表記の漢字と少し違うが)と書かれていたモデルがあった。今回モデルチェンジしハイブリッドとしての登場ということで、欧文表記LEVINとなったようだ。

webcartop_レビン_中国19

 中国の人には、レビンという名前にこちらが感激していると、不思議な顔をされた。興奮する意味がわからないようだ。もっとも日本でもトヨタ86の前身がAE86レビン&トレノだったことをリアルタイムに覚えているのは、40歳過ぎのクルマ好きだけか? 昭和は遠くなりにけり、だ。

webcartop_レビン※写真はAE86型カローラ・レビン

 中国では日本と同じ新型の86&BRZが売られている。86は人気のイニシャルDで中国でもなじみがあるがあるものの、さすがにトレノ、レビンにはピンとこないらしい。

webcartop_86※写真は新型のトヨタ86

 乗った印象は、プリウスを始めとしたTHSⅡシリーズのハイブリッドカーそのもの。モーターのトルクでもってぐいぐい走る。ボディサイズは全長4630×全幅1775×全高1485mm、ホイールベース2700mm。

webcartop_レビン_中国18

 バッテリーはニッケル水素で、リヤシートとラゲッジスペースの間に搭載している。日本で販売するカローラアクシオハイブリッドよりひとまわり大きく、バッテリー搭載位置も異なる。レビンは国産ハイブリッドカーとは似て非なるクルマなのだ。

webcartop_レビン_中国17

 旧型プリウスの1.8リッター・ハイブリッド搭載を搭載しており、やはり燃費の良さが売り物だ(カタログ燃費は4.2リットル/100km、つまり23.8km/リットル)。しかし、レビンを走らせると排気音がややチューニングカー風なのが面白い。かといって、走りがスポーティというわけではなく、ノーマル車の走り。日本でレビンという名前なら、古き良き時代を知っているオジさん達は注目するはず。是非復活と願う。

webcartop_レビン_中国21

 そのためにはスポーティなハイブリッドにチューンアップが必要だろう。そんな遊び心もトヨタにお願いしたい。そうそう、そのときには86ブームの原点、トレノ復活も忘れずに!

webcartop_レビン_中国15

画像ギャラリー