【意外と知らない】クルマの室内のアレってなんて呼ぶ?「その1」

【意外と知らない】クルマの室内のアレってなんて呼ぶ?「その1」

使ってはいても意外に名前を知らないアレコレ

 自動車の部品名は横文字が多く、とくに内装パーツはわかりづらい。そこで、主なインテリアパーツの名称をおさらいしておこう。

・アシストグリップ

 走行中など座った状態で体を支えるために使用するためのバー。左右の窓の上になどについているアレ。吊り革のクルマ版のようなもの。

WEB CARTOP0_20

・アームレスト

 ひじかけのこと。フロントシートあるいはリアシートの中央に装着されているクルマが多い。

・センターコンソール

 運転席と助手席の間にあるスイッチ類が収められているスペース。ドリンクホルダーや灰皿などもここにレイアウトされている例が多い。

・インストルメントパネル(略称インパネ)

 各メーターやオーディオ、ナビの操作部、エアコンのスイッチなどが収まっている前方の装備部分の総称。直訳すると計器盤。計器盤なので、グローブボックスや助手席のエアバッグなどは、本来インパネには含まれない。

webcartop_インテリア10

・メータークラスター

 メーターに直射日光などが当たるのを防ぐための、メーターまわりのひさし状のもの。

WEB CARTOP0_49

・コンソールボックス

 運転席と助手席の間仕切り部分にある収納ボックスのこと。

WEB CARTOP0_52

・ダッシュボード

 フロントウインドシールド下、前席正面にある内装部品全体を指した名称。

webcartop_インテリア12

・グローブボックス

 ダッシュボードの助手席の前側に設けられた小物入れ。蓋がついていて、車検証などを入れていることが多いスペース。もともとは、手袋などを収納していた。

WEB CARTOP0_58

画像ギャラリー