【意外と知らない】オートマの「N」ニュートラルは何に使う?

クルマによっては頻繁にNを使うと痛む可能性も

 マニュアルトランスミッション(MT)のニュートラルは頻繁に使うからわかりやすいけど、オートマチックトランスミッション(AT)のニュートラル(Nレンジ)は確かに何のためにあるかわかりにくい。

 そもそもニュートラルはMTもATもギヤが噛み合ってない、クルマを押すか下り坂であれば転がる状態のこと。そこがATにおけるパーキング(Pレンジ)との違いで、Pレンジは文字どおり駐車や長い時間の停止のためクルマが動かないようギヤが噛み合っている状態だ。このことはパーキングで坂にクルマを停め、シフトレバーを動かすとガツンという手応えがあることからもわかる。

webcartop_ニュートラル07

 ではATのニュートラルは何のためにあるのか? 1つはJAFなどのロードサービスの救援車を代表に、故障などで他車に引っ張ってもらう「けん引」の際に前述したように転がる状態にするため。

 もう1つはひどい渋滞などで「いずれ動き出すけど長く停止する時」のため。AT車の前からP、R、N、Dというシフトポジションの並びを見てもわかるとおり、停止中でドライブからパーキングに入れるとリバースを通過するので、バックランプがついて後続車がビックリするのを防ぐという意味もある。

webcartop_ニュートラル15

 ただし今の車ならそれほど心配することはないが、古いクルマやATが弱いクルマだと、信号待ちのたびにニュートラルに入れると、ニュートラルからドライブに入れる際にごく軽いショックがあることからもわかるように、ATにも入っているクラッチ板の摩耗が著しく進みトラブルの要因になる。そのためニュートラルに入れるのは基本的にけん引とひどい渋滞などで長く停止する時だけのほうがいい。

webcartop_ニュートラル02

 今でも稀に「下り坂はニュートラルで走ると燃費が上がる」と深い根拠なく言う人がいるが、走行中ニュートラルに入るのを想定したAT車以外は、「Dレンジでエンジンブレーキの状態だと燃料カットの状態なので燃料は使わない」のに、「ニュートラルだとエンジンはアイドリングなのでエンジンブレーキが利かない=アイドリングだとアイドリングさせるための燃料を使ってしまうため燃費で損をする」上に、エンジンブレーキが効かないので危険でもある。

webcartop_ニュートラル16

 しかし下り坂などのアクセル全閉状態だと、積極的にニュートラル状態とし空走距離を増やすし燃費を稼ごうとするATもある。具体的にはポルシェのPDKやボルボの8速ATなどが該当し、コースティング機能などと呼ばれる。

webcartop_ニュートラル11

 こういったクルマは通常のポート噴射のエンジンよりアイドリングで使う燃料が少ない直噴エンジン車であることが多い上、当然ながら走行中ニュートラルを使うことも想定されているのでできることなのだ。つまり走行中ニュートラルにすることを想定しない多くの車でニュートラルを使う必要はない。

webcartop_ニュートラル08

 なおコースティング機能を持つAT車は、ブレーキを踏む、シフトレバーを動かすといった操作を行えば、通常のエンジンブレーキが効いた状態となる。

webcartop_ニュートラル10

 またあって欲しくないことだが、運転中ペダルやリバースとドライブを間違えてパニックになった、運転者が急な疾患などでクルマが暴走したという場合に、ギヤをニュートラルにすることは暴走を食い止める手段に使えるので覚えておきたい。

画像ギャラリー