販売台数激減! アクセラの大幅改良に見るマツダの将来戦略とは (3/3ページ)

台数の落ち込みは織り込み済み! 今はブランドを磨く時期

 こうした進化ポイントについては、フルモデルチェンジ時の目玉とするために取っておきたくなるものもあるが、出し惜しみすることなく積極的に投入するというのが、マツダの戦略である。

【関連記事】マツダはなぜディーラーの高級化を進めるのか?

webcartop_マツダ08

 つまり目先の変わり映えではなく、プロダクトアウト的な技術重視の姿勢というわけだ。ある意味「最新が最良」というブランドを目指しているといえる。ならば、2016年度における販売の落ち込みというのは、ブランド戦略としては織り込み済みであろう。

webcartop_マツダ戦略

 いくつものライバルを比較した上で、値段(値引き)でユーザーを獲得するのではなく、積極的に選ばれるオンリーワン・ブランドになるためにクルマを磨き上げている故に避けられない試練の時期である。果たして、その先に明るい未来は見えているのだろうか。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報