軽自動車のエンジンで420km/h! ホンダの超絶マシンを一般公開中 (1/4ページ)

軽自動車のエンジンで420km/h! ホンダの超絶マシンを一般公開中

S660のエンジンをベースに今年9月に世界記録を樹立!

 東京都港区にあるホンダ ウエルカムプラザ青山では、FIA公認競技である「Mike Cook’s Bonneville Shootout」で、軽自動車のS660のエンジンをベースにしたユニットで、400km/hを超える世界最高速記録を樹立したマシン「Honda S-Dream Streamliner」を展示中だ。期間は12月9日(金)まで。

【関連記事】ホンダ・ビートオーナーがS660を試乗すると

web-cartop_1_299
この競技はアメリカにある干上がった湖にできる塩の平原で最高速を競うという内容。Honda S-Dream Streamlinerは、1マイルの測定区間で421.446km/h、1キロの測定区間で421.595km/hを記録した。これはCategory A・Group 1・Class 4(自動車・レシプロ過給エンジン・排気量500〜750cc)というクラス分けにおける世界記録となる。

web-cartop_1_323
このプロジェクトは日本人チーム16人によって成し遂げられたもの。社内公募で人員を募り、約100人の応募があったなかから16名を選抜し、たった1年という短い期間でマシンのコンセプト作りから開発、実車の製作、競技でのタイムアタックまでを成し遂げた。参戦初年度での世界記録樹立は初だという。

画像ギャラリー