三菱デリカD:5を一部改良しアウトドア感満点の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を発売

特別仕様車はタフなイメージを強調

 三菱自動車工業は4月21日、本格的なオフロード性能を備えたミニバン「デリカD:5」の一部改良を発表。4月27日より販売開始することを発表した。

 今回の一部改良では、従来は「G-Premium」、「D-Premium」にのみ標準装備していたACパワーサプライ(AC100V電源)を、「M」以外の全グレードに標準装備。また、シルバー系のボディカラーを、従来のクールシルバーメタリックから、より高輝度な新色スターリングシルバーメタリックに変更した。

 そして、2.2リッター直4直噴ディーゼル+6速マニュアルモード付きAT+4WD車に、クロスオーバーミニバンのSUVらしさを強調して、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した新たな特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定した。

「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は、ブラックを基調としつつ、登山ロープやバックパックなどの本格的アウトドアギアに使用され、エマージェンシーカラーとしての意味合いを持つオレンジ色を、内外装の各所にアクセントとして入れているのが大きな特徴。具体的には、

・フォグランプベゼル
・ウインカー付き電動格納式リモコンドアミラー
・スエード調人工皮革を座面と背もたれに採用した専用シートのステッチ
・アッパーグローブボックスの「DELICA」文字
・ヒーターコントロールダイヤル
・シフトインジケーターパネルのリング部
・本革巻きステアリングホイールの加飾及びステッチ
・ドアトリムスピーカーリング(フロント&セカンドシート)

 にオレンジのアクセントを入れている。

 また、フロントグリルと前後バンパーアンダーカバーをダイヤモンドブラックマイカで塗装したほか、アッパーグローブボックス、シフトインジケーターパネル、パワーウィンドウスイッチ(フロント&セカンドシート)をピアノブラックとした。

 そのほか、ボディ側面に専用ピンストライプとデリカD:5イラストデカール、バックドアに「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用デカールを装着している。

  

 ボディカラーは、モノトーンがダイヤモンドブラックマイカのみ。2トーンは、アイガーグレーメタリックと「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」専用のウォームホワイトパールが基調色として設定され、両色ともボディ下部がダイヤモンドブラックマイカで塗装される。

  

 さらに専用アイテムとして、「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」の世界観をより一層強調する、

 1.ダイヤモンドブラックマイカにオレンジの「DELICA」ロゴが入ったフロントバンパープロテクター
2.オレンジのサイドガーニッシュ
3.ダイヤモンドブラックマイカとオレンジのリヤディフレクター
4.「ACTIVE GEAR」ロゴ入りアルミホイールデカール
5.専用フロアマット(ブラック&オレンジ)

 の5点をセットにした「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」をディーラーオプション設定した。メーカー希望小売価格は本体163,404円、参考取付工賃20,671円。

 なお、2016年10月27日に発売された特別仕様車「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は、今回の一部改良を反映したうえで継続販売される。

 車両本体価格は、カタログモデルが2,408,400円から4,055,400円。特別仕様車の「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」は3,763,800円、「ROADEST ROYAL TOURING(ローデスト ロイヤルツーリング)」は価格据え置きの4,012,200円となっている。

 【詳しくはこちら】

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/

  

画像ギャラリー