ステアリングアシストが大幅進化! 新型スバル アイサイトを先行体験 (1/2ページ)

着実に進化を遂げてきたアイサイトが新たなステージへ

 1989年に車載用ステレオカメラの研究を始めたスバルは。その後アイサイトという名で運転支援システムとして開花した。これまで28年間に渡り年を追う毎に運転支援の範囲を拡充させてきたのはご存じのとおり。そのアイサイトがさらに進化してツーリングアシスト機能などを追加し、メディア用の試乗会を実施。その驚くべき最新版アイサイトの実力を体験してきた。アイサイト

 スバルの運転支援システムであるアイサイトはコストパーフォーマンスに優れているだけでなく、世界的にもその実力は認められている。ヨーロッパやアメリカにおいても第三者機関により予防安全でトップの評価が与えられている。アイサイト

 そこで現在のアイサイトバージョン3はどんな機能がついているのかをもう一度ここでおさらいしたい。

アイサイトバージョン3の機能

・ プリクラッシュブレーキ(アシスト含む)

・ 危険回避アシスト

・ AT誤発進抑制

・ AT誤後退抑制

・ 車間距離保持

・ 車線逸脱

・ 車体ふらつき警報

・ 車線保持アシスト(中央維持/逸脱抑制)

・ 全車速追従機能付きクルーズコントロール

・ 先行車発進お知らせアラーム

 アイサイトは1989年に車載用ステレオカメラの開発から端を発している。今でこそルームミラー脇に備える二つのステレオカメラと小さな膨らみの中に収められたアイサイトの中枢機能のアッセンブリーだが、当初はみかん箱二個にプリント基板を20枚くらい押し込みながら開発を進めていたという。アイサイト

 その後は地道に研究を続けたが、途中何度も開発中止の危機を迎えるも予防安全に賭ける有志の努力によりついに1999年にADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)として実用化。しかし60万円以上と言うオプション価格も障壁となり、年間300台ほどという装着に留まった。アイサイト

 2008年には、ようやく世界初のステレオカメラを備えた初代アイサイトとして登場。だが転機になったのは2010年の5代目レガシィで、わずか10万円ほどで装着可能となったアイサイトバージョン2だった。アイサイト

 その安価な運転支援システムは、ユーザーが想像した以上の費用対効果を発揮。今ではレガシィ、アウトバック、レヴォーグ、WRX S4でのアイサイト装着率は100%、フォレスター、インプレッサ、XVでも91%という数字となっている。アイサイト