VW ザ ビートルのクロスオーバーモデル「デューン」が復活! (1/2ページ)

VW ザ ビートルのクロスオーバーモデル「デューン」が復活!

まるでドレスアップカーのような美しい内外装

フォルクスワーゲン最初のモデル「タイプ1」をモチーフにしたハッチバッククーペ「ザ ビートル」。昨年限定車として発売され好評だった、クロスオーバーモデル「デューン」が復活した!

【関連記事】【意外と知らない】VWの名車「ゴルフ」の由来はスポーツのゴルフじゃない!

ザ ビートル

スポーティグレードの「R-ライン」をベースに、専用サスペンションを装着し全高を15mmアップ。アンダーガード付き前後バンパーや大型リヤスポイラーなどでスポーティな装いとしたほか、さらにディープブラックパールエフェクトのボディカラーとサンドストームイエローメタリックの専用18インチアルミホイールで、コントラストの強いカラーリングとしている。ザ ビートル画像はこちら

インテリアも同様に、黒を基調としながら、ダッシュボードとドアパネルにサンドストームイエローメタリックのパネルを装着。専用ファブリックシート、ステアリング、シフトノブにもイエローのステッチを施している。 販売台数は限定300台、価格は326万9000円。

画像ギャラリー