JPN TAXIはホントにいい? 英国ロンドンタクシーとの比較で見えた足りないもの (1/3ページ)

JPN TAXIはホントにいい? 英国ロンドンタクシーとの比較で見えた足りないもの

見た目に対しては「好意的」な意見の多いJPN TAXIだが……

 東京都心部を歩いていると、トヨタが新たに投入した“JPN TAXI(ジャパン・タクシー)”を結構な頻度で見かけるようになった。周囲の“クルマ通”に聞いてみると、「思っていた以上に街の風景に溶け込んでいる」と好意的な意見も多い。

JPN TAXI画像はこちら

 ただJPN TAXIが正式デビューする前、実際にステアリングを握るタクシー乗務員の間には「トヨタがロンドンタクシーみたいな専用車両を発表する」という情報が流れていたそう。だが実車が正式デビューすると、タクシー乗務員の一部からは「話が違う」という声が聞かれたという。

 筆者がロンドンタクシーの新型の実車を見たのは、2017年9月に開催されたフランクフルトショー会場でのこと。現在ロンドンタクシーを製造するLTC(ロンドン・タクシー・カンパニー)は、中国・吉利(ジーリー)汽車やボルボ(乗用車)を傘下に持つ、吉利ホールディングス傘下となっており、吉利ホールディングスグループになって初めて世に送り出す新型ロンドンタクシー車両となる。

JPN TAXI画像はこちら

 “TX5”と呼ばれる次期型ロンドンタクシー(以下TX5)のパワーユニットは、4気筒ガソリンエンジンを発電用として搭載するレンジエクステンダーEVとなる。そして基本的にはEV走行となる。

 JPN TAXIはLPガスハイブリッドユニットを搭載する。これは長年タクシー車両の燃料としてLPガスを使用してきており、大手タクシー会社などでもLPガススタンドを経営していることなどもあってか、タクシー業界サイドからの強い要望があったとも聞いている。

JPN TAXI画像はこちら

 技術的にレンジエクステンダーEVやピュアEV化ができなかったわけではないのだろうが、やはりスペックを単純比較すると、先進性ではTX5に軍配があがりそうだ。

 JPN TAXI同様にバリアフリーを強く意識しているTX5だが、スライドドアのJPN TAXIに対し、逆ヒンジタイプのスイングドアを採用している。TX4は通常ヒンジタイプのスイングドアだったものを、逆ヒンジにすることで乗降性を改善させているようだ。

JPN TAXI画像はこちら

 欧米ではスライドドアといえば、一部ミニバンや日本で言うところの“ライトバン”のような商用車に限られることもあり馴染みが薄い、というかある種“特別な存在”という認識も目立つ。ロンドンに限らず五ツ星などの高級ホテルのエントランスに乗り付ければ、たいていはドアボーイがドアを開けてくれる。ガラガラとは音が出ないものの横スライドするドアから降りるよりは、高級セダンと同じヒンジドアをドアボーイが開け、そこから降りるほうが“さま”になると思うのは、筆者だけでもないだろう。

JPN TAXI画像はこちら

 JPN TAXIに関しては早速日本を訪れるインバウンド(訪日外国人客)の間でも噂になっているようである。「日本らしいユニークなタクシーが走っている」などという好意的な意見が多いようだが、「日本はライトバンをタクシーに使うのか(日産のNVタクシーも含めてのことかもしれない)」といった意見もあると聞いている。“フシギの国ニッポン”を楽しみにくる旅行者にはJPN TAXIのウケは間違いなく良いものとなるだろう。

JPN TAXI画像はこちら

画像ギャラリー