ドリキン土屋圭市プロデュースの新作シート「ブリッドZETA3King」に注目!

ドリキン土屋圭市プロデュースの新作シート「ブリッドZETA3King」に注目!

そのまま車検OKなストリートに優しいフルバケットシート

 東京オートサロン2018にブース出展した、日本を代表するシートブランドのブリッド。ブース内にはさまざまなシートが展示されていたが、そのなかでもたくさんの注目を集めていたシートがあった。その名も「ZETA3King」。同社のアドバイザーを務める、土屋圭市さんがプロデュースしたモデルだ。

BRIDE

 ベースとなるのは、モータースポーツを楽しむユーザーを中心に愛されているフルバケットシートの「ZETA3」。各所に土屋さんのイメージカラーであるグリーンを配し、ヘッドレスト部分には前後ともにBRIDEのロゴとKingの文字が誇らしげに刻まれている。

BRIDE

 また、注目したいのが背面部。従来、フルバケットシートといえば、見た目のスポーティさや軽量化などのため、背面部はカーボンケブラーなどの素材が見えた状態が基本。これでは後席がある場合、そのままでは保安基準に適合しなかった。本来ならばオプションの背面カバーを装着するのだが、このZETA3Kingは同社のリクライニングシート同様に背面もカバーされている。つまり、そのままでも車検に合格できるのだ。レーシングのみならず、ストリートにも理解のある土屋さんのアイディアが盛り込まれたシートだ。

BRIDE

 これまでも何度か“土屋圭市モデル”をリリースしてきた同社。今回のモデルはまだ参考出品であり、発売するかどうかはまだ未定とのこと。土屋さんのファンはもちろん、走りを楽しむユーザーにはリリースが待ち遠しいことだろう。

画像ギャラリー