【試乗】話題のスズキ・クロスビーはキュートなだけじゃない! 走りも広さも実用性抜群 (1/2ページ)

【試乗】話題のスズキ・クロスビーはキュートなだけじゃない! 走りも広さも実用性抜群

まさにソリオとイグニスのいいとこ取り!

 ガレージに収まる様子を想像しただけでも、ふふふっ……と気分が上がるようなモデルがスズキからまた1台登場した。それは小型クロスオーバーモデルのクロスビー。そう、東京モーターショーで注目を集めたモデルだ。“また一台”と記したのは、この顔や佇まいを見て“ピンっ”ときた方なら想像がつくかもしれないけれど、“遊べる軽!”でお馴染みのハスラーを連想する方も少なくないでしょう。

スズキクロスビー

 クロスビーについて「ハスラーのようなユニークさを持ち、なおかつ、お子さんが大きくなったときの受け皿(サイズ)にもなれば」とおっしゃるのはスズキ四輪商品の製品・用品企画課の五十嵐 薫さん。もちろん「ハスラーよりも、もう少し大きいほうがいいな……」という声に応える存在でもある。

スズキクロスビー

 クロスビー誕生の背景にはハスラーの個性やその人気ぶりが確かにきっかけになっているとのことだが、こだわりや新しさに注目すると、単にサイズを大きくしただけではないことがわかる。現在のスズキにはワゴンモデルでスペース効率に優れたソリオSUVイグニスなどもあるが、クロスビーはその両車の利点=スズキの魅力を活かし、ソリオともイグニスともまた異なるパッケージと乗り味を持つクルマが誕生したことになる。

スズキクロスビー

 その個性と実用性の兼ね合いぶりは他ブランドの小型SUVともちょっと違って見える。それはワゴンとSUVを融合させたスタイルとそのカタチが、じつに機能面でも理にかなっているとわかると、ますますそう思えるかもしれない。

 丸いライトの目じりを横に引っ張ってウインカーを納め、上下幅の薄いハニカムグリルが強調されたフロントマスク。しかしそれらのパーツがこのコンパクトモデルを頼もしく引き立たせているのはその下のシルバーのバーのようなバンパーとアンダーガーニッシュではないかと思う。

スズキクロスビー

 まるで童顔にさわやかさを保つ髭を上手に蓄えた男性みたい。ワイルドでタフな印象を与えてくれる。これに実用的なアクティブさを加えているのが、ワゴンの要素を取り入れたスクエア感の強いフォルム。ホイールアーチまで四角く見せているから、なおさら強調されて見える。

スズキクロスビー

 全長3760mmのクロスビーの室内の前後長は、ソリオと並ぶほどではないものの、全長5mクラスの前後長に匹敵するという。結果、SUVのイグニスの前席と後席の乗員間と比べて155mmも長く、なおかつ前席のヘッドクリアランスは+55mm、後席は+90mm。じつは着座位置をイグニスより前席で+60mm、後席で+50mmも上げてこのクリアランスが保てるあたり、ワゴンのDNAを感じずにはいられない。

 さらにサイドウインドウからの乗員の頭部の位置も、前後席ともに100mm以上も広い。これにより後席でも大人がゆったりと座ることができ、シートはスライド調整も可能だ。雪道やラフロードでの高い走破性を狙った地上高180mmと着座位置の高さが、運転席はもちろんすべての乗員にとって、より良好な視界が得られるのもクロスビーならでは。ラゲッジのスペースも後席のシートスライド含むアレンジ次第で、床下から天井まで幅広いシーンに対応してくれそう。

スズキクロスビー

 運転席からの眺めはAピラーが立ち、かつステアリングの奥、左右に広がる横基調のフロントパネルのスッキリぶりも心地よい。デザインも質感もバランスよく、ちゃんと感じられるのに、必要以上に「ココ、すごいでしょ」的なアピールを各パーツがバラバラに主張してこないのがいい。小さなクルマのインパネの使い勝手と“見せ方と魅せ方”、スズキはさすがに心得ている。

スズキクロスビー

 かと思えば、メーター脇の光が反射するとクロスビーが現れる隠れクロスビー、全方位モニターに現れるクルマの画像がちゃんとクロスビーになっていたり……、クスッとなるキモも抑えているのがニクイ! けど嬉しい、と思うのはきっと私だけではないはず。

画像ギャラリー