これぞまさに日本のフラッグシップ! 新型レクサスLSの贅を尽くした仕立てにオドロキ (1/4ページ)

noteで書く
これぞまさに日本のフラッグシップ! 新型レクサスLSの贅を尽くした仕立てにオドロキ

高級感とスポーティさを兼ね備えた堂々とした風格

 レクサスのフラッグシップとなるLSは、日本を代表するドライバーズカー。低重心をイメージさせるスポーティなフォルムにフォーマルセダンとしての風格を兼ね備える。6ライトキャビンと新造形のスピンドルグリルが新型LSのアイコンだ。

【関連記事】「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

レクサスLS画像はこちら

 新型レクサスLSは、従来型に比べてやや大きくなった。レクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルは踏襲されているものの、前後ランプまわりが薄くなり、ボリューム感のあるフェンダーラインのため塊感が強調されたスタイリングに。LSとして初(トヨタ・セルシオ時代も含む)となるリヤクォーターウインドウを持つ6ライトキャビンと細身でなだらかなラインを描くCピラーにより、クーペのような流麗なフォルムを実現している。
レクサスLS画像はこちら

 モデルタイプごとの特徴としては、スポーティグレードのFスポーツが専用のフロントバンパーおよびフロントグリルを装備するほか、ハイブリッド仕様とガソリンターボ仕様ではフロントサイドグリル、リヤバンパーが異なる。
レクサスLS画像はこちら

 ボディサイズは、全長:5235mm×全幅:1900mm×全高:1450(1460)mm×ホイールベース:3125mm。従来型のLS・ロングボディ仕様と比較すると、全長が+25mm、全幅が+25mm、全高が−5mm(4WD車)〜−15mm(FR車)となる。スタイリングとしてはCピラーを寝かせたクーペフォルムにより、従来型より低く長くなった。※( )内は4WDの数値
レクサスLS画像はこちら

 フロントマスクは、今やレクサスだけでなくトヨタ車のアイデンティティといえるスピンドルグリルを採用。新しいデザインだが、威圧感や存在感よりも高級感、上質感を感じさせるものになった。Fスポーツでは専用デザインのグリルが装着されている。
レクサスLS画像はこちら

 リヤまわりは、ターボ仕様とハイブリッド仕様でそれぞれ専用のバンパーが装着され、ターボ仕様ではマフラーフィニッシャー、ハイブリッドではダクトが配されている。
レクサスLS画像はこちら

 ヘッドライトは全車に3連LEDタイプを装備。3つそれぞれにロービームとハイビームが内蔵される。ハイビーム機能は標準仕様ではオートハイビーム、そのほかのグレードではアダプティブハイビームとなる。ヘッドライトに組み込まれるウインカーは、全車でシーケンシャルウインカーとなっている。
レクサスLS画像はこちら

 タイヤ&ホイールは、標準仕様とエグゼクティブ、バージョンL、Iパッケージでは19インチとなり、オプションとして20インチが設定される。また、Fスポーツでは20インチが標準装備となり、前後異サイズのタイヤが装着される。

画像ギャラリー


新着情報