ホンダが2019年シーズンからレッドブル・レーシングにF1エンジンを供給することが決定!

ホンダが2019年シーズンからレッドブル・レーシングにF1エンジンを供給することが決定!

F1名門チームが実力を高めたホンダエンジンを認めた!

 ついにかねてから噂になっていたレッドブル・ホンダが、2019年のF1GPシーズンから実現することが正式に発表された。
レッドブルF1

 2017年秋に、3年に渡ったマクラーレンへのエンジン供給をストップし、トロロッソにワークスエンジン供給することを決めたホンダF1エンジン。そのホンダエンジンは、2018年シーズンに新生トロロッソ・ホンダとしてスタートした。
レッドブルF1

 開幕戦のオーストラリアGPでは期待されたパフォーマンスを発揮できなかったが、続く第2戦のバーレーンGPでは、ピエール・ガスリーが好走を見せて予選7番手を確保。しかもスターティンググリッドはライバルのペナルティのせいもあって6番手スタートとなった。決勝は並みいるライバルと互角以上に闘い、第4期F1挑戦以降で最高位となる4位でゴールした。
レッドブルF1

 その後は何度か思ったほどのパフォーマンスを見せられない場面もあったが、第7戦カナダGPから新しいエンジンを投入。結果こそ芳しくはなかったが、ストレートなどで強力なライバルを抜き去る姿は強烈なインパクトを与えてくれた。
レッドブルF1

 2019年シーズンからのパワーユニット選択を従来のルノーか、姉妹チームで高パフォーマンスを見せるホンダか悩んでいたレッドブルは、ついに2年契約でホンダエンジン選択を決定したのだ。この契約の締結に際して、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長は、以下のようにコメントしている。
レッドブルF1

「2018年シーズンからパートナーシップを開始したトロ・ロッソに加え、2019年からは新たなパートナーとして、アストンマーティン・レッドブル・レーシングを迎えることになりました。来季は2チームへPUを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップに繋げることができます」

「また、なによりもレッドブル・レーシング、トロ・ロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、われわれの目標である勝利へさらに近づくことができると思っています。今回の契約は非常に短い期間で決定しましたが、2つのチームとHondaが対等となるパートナーシップの締結に際し、レッドブル・グループのわれわれに対するオープンかつ公平な姿勢に感謝しています。また、いつも熱い応援をいただいているファンの皆様には、われわれの新たな挑戦にさらなるご声援をよろしくお願い申し上げます」

 レッドブルは2005年からF1チームを結成し、これまでコンストラクターズタイトルを4回、ドライバーズタイトルを4回(いずれも2010/2011/2012/2013)獲得する名門チームだ。空力の鬼才といわれるエイドリアン・ニューウェイが作り出すマシンは、メルセデスやフェラーリといったパワーに勝るエンジン搭載チームを相手に数々の勝利を手中にして来た名門チームだ。このレッドブルでモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコ氏は次のようにコメントしている。
レッドブルF1

「今回のレッドブル・グループとホンダのパートナーシップ締結は、レッドブル・テクノロジーにより統括される2つのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロ・ロッソにとって、新たな時代の幕開けと言えます。また、ここまでホンダが見せてきた努力と進歩、そして我々とも通じる部分が多い勝利に対する信念は、素晴らしいものだと感じています。来季は3者が強く結びつく形でシーズンを戦うことになりますが、ホンダと一緒に仕事をすることを、非常に楽しみにしています」

 2017年シーズンにはエンジン供給先さえ失いかけて、F1グランプリの現場からホンダが去ってしまう危機的状況にまで追い込まれたホンダだったが、開発陣や関係者らのたゆまぬ努力によって3強(メルセデス/フェラーリ)の一角といわれるレッドブルに、ついにエンジン供給を開始するということが、ホンダF1挑戦第4期の成功の礎となるかに注目が集まる。

画像ギャラリー