電気自動車の祭典「第24回日本EVフェスティバル」が11月3日に筑波サーキットコース1000で開催

電気自動車の祭典「第24回日本EVフェスティバル」が11月3日に筑波サーキットコース1000で開催

電気自動車の魅力を存分に味わえるイベント!

 EVを中心にエコカーの普及活動を進める一般社団法人日本EVクラブは、11月3日(土・祝)に「第24回日本EVフェスティバル」を茨城県・筑波サーキットコース1000にて開催する。

 ポルシェ916などをEV化し、手作りEV車による1時間耐久レースを開催。また、電気レーシングカート「ERK」を用いた30分の耐久レース、あらゆるEV車の展示、そしてERKをベースに自動運転車を自作し、タイムアタックを行うなど、EVの今を感じられるイベントだ。

【関連記事】「クルマとしていいものを作ろう」開発責任者が新型日産リーフで示すEVの「当たり前化」

EV画像はこちら

 また、市販EV車のタイムアタックや、市販最新モデルのサーキット試乗会も開催される。試乗会は同乗したジャーナリストから、EV車の運転の仕方などを指南してくれるレッスン付きという贅沢なもの。モータースポーツの楽しさを味わうことが可能だ。

 また、日本EVクラブ創設のきっかけとなった、20年前に誕生した電気フォーミュラカー「電友1号」もデモラン。日本の電気自動車の歴史を垣間見ることができる。ぜひ筑波サーキットで電気自動車の魅力を体感してみてはいかがだろうか。

 詳しいイベントなどは公式HPへ。
http://www.jevc.gr.jp/

開催概要
日時/2018年11月3日(土・祝日)8:45〜16:30
場所/筑波サーキット・コース1000
茨城県下妻市村岡乙159 TEL:0296-44-3146
後援(予定)/環境省 国土交通省 経済産業省 茨城県 茨城県下妻市
一般財団法人日本自動車研究所
主催/一般社団法人 日本EVクラブ
共催/一般財団法人 日本オートスポーツセンター

画像ギャラリー