スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

日本国内への導入時期は未定

 国内外で人気のクロストレック(日本名:XV)にプラグインハイブリッドモデルが新たに追加された。2リッター水平対向エンジンとリニアトロニックCVT、こちらにスタータージェネレーターとふたつの駆動用モーターを組み合わせる。ユニット自体はトヨタ・カムリのものを採用し、制御などをスバルが手がけているのだ。

【関連記事】ハイブリッド全盛時の今こそ乗るべき! あえてエンジンで乗る価値のある実用車5選

XV画像はこちら

 気になるEVモードでの最高速度は約105km/hで航続距離は約27kmだ。クロストレックPHVの航続可能距離は772kmである。XV画像はこちら

 18インチアルミホイールにブルーをあしらったヘッドライト、シルバーメタリックのフロントグリルなど、PHV専用装備が多数。バッテリーをラゲッジルームに搭載するため、ガソリンモデルに比べてフロアが少し高くなっている。XV画像はこちら

 気になる国内の販売時期はまだ未定で、12月から北米にてデリバリーがスタートする。国内発売が待ち遠しい一台だ。XV画像はこちら

画像ギャラリー