新型フォレスターのSTIコンセプトが登場! SUBARUが東京オートサロン出展概要を発表

新型フォレスターのSTIコンセプトが登場! SUBARUが東京オートサロン出展概要を発表

新型フォレスターのSTI仕様に注目!

 スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)と共同で、2019年1月11日(金)〜13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展すると発表した。

 まず注目なのが、STIとコラボレーションしたフォレスターやインプレッサのSTIコンセプトモデルだろう。フォレスターはハイブリッドの「Advance」がベース。e-BOXERの先進的な走りに、STIが培ったノウハウを注ぎ込むことで、よりスポーティな運動性能を与えている。ボディカラーは専用色の「ファイターグレー」を採用。アルミホイールは19インチ化され、さらにブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着している。オートサロン

 インプレッサは、2.0i-S EyeSightをベースに、専用の内外装パーツを装着。内装色には質感の高いボルドー内装を採用している。オートサロン

 また、レヴォーグやWRX STIはSTIが開発したパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズ仕様を展示。走行性能を高めるためのフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能を向上させるエアロパーツなどを装着する。

 とくにWRX STIは、Type Sをベースにゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイール、レカロシートなども採用しており、歴代のラリー参戦車を彷彿とさせるような仕様に仕立てられている点にも注目だ。

 そのほか、SUPER GTやニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する監督やドライバー、全日本ラリードライバーなどをゲストに迎えたトークショーなども開催される。オートサロン

画像ギャラリー