ニスモが第2世代スカイラインGT-R用チタン製ストラットタワーバーを発売

ニスモが第2世代スカイラインGT-R用チタン製ストラットタワーバーを発売

伝説のコンプリートカーに装着されていたものがモチーフ

 ニッサンモータースポーツインターナショナル(以下、ニスモ)は、今もなお国内外で絶大な人気を誇るスカイラインGT-R用のチタンタワーバーを発売した。15万円(税抜き)。

 同社がかつて手がけた、R33型スカイラインGT-Rをベースにチューニングを施したコンプリートカー「NISMO 400R」に装着していたチタンタワーバーをモチーフに、現代流のテイストをプラスしてデザインしている。GT-R

 見た目だけではなく、サーキットやテストコースでの感応評価や、計測器を用いて歪みなどがないか計測し、高い剛性を持っていることを確認している。ボンネットを開けた際のインパクトも十分。ニスモが手がけた逸品をぜひ愛車で試してみてはいかがだろうか。

仕様:純チタン製
重量:1.5㎏
(純正品=3.5㎏、NISMO 400R専用品=1.5㎏)
※純正品及びNISMO 400R専用品の重量は当社実測値
NISMOロゴプレート付き
(ステンレス製、リベット留め)
適合車種:スカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)全車
価格:15万円(本体価格)

画像ギャラリー