東京ー四国間の超ロング客も本当にいるが……一発10万円以上の支払いも「嬉しくない」タクシー業界の不思議 (1/2ページ)

東京ー四国間の超ロング客も本当にいるが……一発10万円以上の支払いも「嬉しくない」タクシー業界の不思議

東京から名古屋や大阪などの長距離客は珍しくない

 今は亡き名優、渡瀬恒彦さんが主演を務めていた、テレビ朝日系の“土曜ワイド劇場”の名物シリーズに“タクシードライバーの推理日誌”というものがあった。かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事“夜明日出夫”が訳あって警視庁を辞め、タクシードライバーとなったものの、数々の殺人事件を解決していくというもの。

 このドラマの名物シーンが、最終的には夜明が解決する殺人事件の犯人となる“美人”が都内で手を上げて夜明のタクシーを停めて「名古屋まで」とか、無線配車を夜明指定で要請して、「仙台まで」などと、かなり長距離の行き先を告げるシーン。

【関連記事】【意外と知らない】「ネズミ捕り」「捨て左折」など自動車俗語5選

タクシー画像はこちら

「そんなことはないだろ」などとテレビにいつも突っ込みを入れていた筆者だが、ある日都心から40㎞ほど離れた自宅まで帰るために深夜タクシーに乗った時に、話好きな乗務員さんだったので、「タクシードライバーの推理日誌みたいに、あんな長距離利用のお客さんはいるんですか?」と聞いてみた。すると、「『新幹線の最終を逃したけど、明朝キャンセルできない用事がある』といったお客様が深夜に名古屋や大阪まで利用するということは、それほど珍しくもないようですよ」とのこと。実際どのぐらい長距離までお客を乗せていった話を聞いたことがあるか聞くと、「私が聞いた話では四国までというのがありましたね」。タクシー画像はこちら

 ただし前述したドラマのように、道で手を上げられて乗せたら「名古屋まで」と言われたからそのまま乗せていくというわけにはいかないようだ。タクシー業界では隔日勤務の乗務員同士が1台のタクシーを“専属車両”としてシェアすることが多い。そのため深夜に長距離客を乗せてしまうと、次の日に乗務するはずの乗務員が乗るクルマがないということにもなる。ほかにも、タクシー乗務員には1出番当たりの走行可能距離や勤務時間が決まっているので、仮に長距離利用の乗車を申し込まれたら、自分の所属する営業所の運行管理者にその旨を報告し指示を仰ぐことになる。タクシー画像はこちら

 仮にOKがでた場合に気をつけなくてはいけないのが、“乗り逃げ”である。常習犯的なひとも多いので、出発時に支払いについて確認する必要が出てくる。「目的地に両親が住んでいるので払ってもらえるので大丈夫」などと言われて乗せて目的地に到着すると、素直に「金がない」と言われることも多いとのこと。このような時の料金の扱いはどうなるのか、前出の乗務員さんに聞くと、「原則全額乗務員の自腹になります。事情にもよりますが酌量すべき理由があれば、会社によっては会社と折半などということも稀ですがあるようです」。タクシー画像はこちら

 支払いの心配のほかにも燃料の問題がある。多くのタクシーの燃料がLPガスなのは広く知られた話。ただ営業区域内であっても、ガスステーションとタクシー会社が契約している指定ガスステーション以外ではLPガスの充填はできない。燃料代はタクシー会社で負担するケースがほとんどであり、ガス充填ごとに現金など個別支払いは発生せず、月締めなどでガス会社からタクシー会社にまとめて請求があるとのこと。

 会社がOKを出して、料金の支払いにも問題がなくとも、今度はガスの充填をどうするかということになる。支払いは乗務員立て替えということも可能だが、土地勘のない場所でガスステーションを探すのは至難の業。所属営業所の運行管理者が調べて教えたり、地元のタクシー乗務員に聞いて教えてもらうなどの対応をとるようだ。タクシー画像はこちら

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報