走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃【東京オートメッセ2019】 (1/2ページ)

走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃【東京オートメッセ2019】

車高を20mm下げて走り系のイメージに

 これまで、レヴォーグ、BRZ、S4というラインアップを揃えてきたSTI Sport。そのSTI Sportをいまのスバルの中心的車種になっているSUVにも広げるプランがあり、SUVのなかでもとくに人気の高いフォレスターのスポーツカスタムを提案する一台として大阪オートメッセ2019に持ち込まれたのが、この「フォレスターAdvanced Sport CONCEPT」。

フォレスター

 ダイレクトに、「STI Sport」というネーミングにはなってはいないが、ハイブリッドのe-BOXERを搭載したフォレスター Advanceをベースに、スポーツテイストを前面に打ち出すカタチで仕立ててきて、多くのフォレスターユーザーから、熱い視線を集めていた。

フォレスター

 気になるのは、まずボディカラー。カタログモデルには設定されていない「ファイターグレー」という非常に深みのあるグレーで、フォレスターにはピッタリマッチ!

フォレスター

 足まわりはけっこう凝っていて、19インチのハブやブレーキシステムを、WRX STIからごっそり移植。フロントブレーキには、ブレンボの6ポッドのモノブロックキャリパーを投入し、ストッピングパワーを強化。

フォレスター

 19インチホイールと19インチのサマータイヤを履き、車高も20ミリほどローダウン。SUVのフォレスターの車高を下げることで、安定性を高め、ルックス面も含め、よりオンロード指向に振ったフォレスターのあり方を提案している。

フォレスター

画像ギャラリー