どいつもこいつもヘビー級のこのご時世に貴重な存在! 「軽さが命」のスポーツモデル4選 (1/2ページ)

どいつもこいつもヘビー級のこのご時世に貴重な存在! 「軽さが命」のスポーツモデル4選

なんと500kgを切る究極のライトウェイトスポーツも存在

 最近の自動車は先進安全装備など過去の車両には備わらなかった装備が標準で搭載されるようになり、衝突安全の兼ね合いからも車両重量は増加の一途をたどっている。とはいえ、車両重量は軽い方が運動性能的にも燃費性能的にも有利ということは変わらない。そこで今回は現在新車で購入することができる軽量なスポーツモデルをご紹介しよう。

1)スズキ・アルトワークス

【関連記事】やりすぎ御免! ムダを一切省き走りに徹したクルマ5選

軽量スポーツ画像はこちら

 2015年におよそ15年ぶりに復活したスズキ・アルトワークス。それまでのフルタイム4WDを中心としたラインアップから2WDのFFがメインとなっているが、先代のRS/Z 4WD比で70kg、2WD同士で比較しても20kgも軽量な670kgという軽量ボディを実現している。

軽量スポーツ画像はこちら

 これはスズキが新たに開発した新プラットフォームの「ハーテクト」が効いており、ベースとなったアルトに関しては610kg、マイルドハイブリッドに両側スライドドアを備えたスペーシアですら850kgと軽量となっている。

軽量スポーツ画像はこちら

2)ケータハム・セブン160

軽量スポーツ画像はこちら

 スズキ製の660ccターボであるK6A型エンジンを搭載し、タイヤとフェンダーを細身にして全幅を軽自動車サイズに納め、軽自動車登録が可能となったケータハム・セブンがこの160だ。車名の160とは、1トン当たりの出力を表しており、490kgのボディに80馬力のエンジンを搭載していることに由来する。

軽量スポーツ画像はこちら

 もともと簡素なフレームに外板パネルを装着したキットカー(自宅で組み立てるタイプの自動車)であり、快適装備の類はほとんど装備されていないので、ここまでの軽量ボディが実現できているのだ。

軽量スポーツ画像はこちら

画像ギャラリー