F1マシンの雰囲気を時計全体で再現! カシオEDIFICEにトロ・ロッソコラボの2モデルが登場

F1マシンの雰囲気を時計全体で再現! カシオEDIFICEにトロ・ロッソコラボの2モデルが登場

文字盤の数字はカーナンバーがモチーフ

 CASIO (カシオ)は2019年4月、メタルクロノグラフのEDIFICE (エディフィス)に、F1チームとコラボレーションした、スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディションの第6弾として2モデルを発売する。

 今回発売するモデル「EFR-564TR」は、フラットベゼルとマルチレイヤーダイヤルで構成したベースモデルに、トロ・ロッソのマシンカラーリングである赤と青を採用。時間を表示する数字はマシンに付けられるカーナンバーからインスピレーションを得たデザインとなっている。さらに文字盤にはチームロゴが入り、秒針はチームの本拠地であるイタリア国旗のカラーリングが施されているというこだわりようだ。

エディフィス

 機能面では、10気圧防水やストップウオッチ(1/10秒、60分計、スプリット付き)、日付表示などが採用されている。

エディフィス

「ECB -900TR」は、12時と9時側にデジタル画面を搭載したことで、針での指針に加え、液晶でも各種情報を表示できる。仕様は、ストップウオッチ(1/1000秒計測、計測データ最大200本メモリー)機能やマルチアラーム、ワールドタイム(39都市、39タイムゾーン)、カウントダウンタイマー、10気圧防水機能、針退避機能、内面無反射コーティングサファイアガラスなどを採用。

エディフィス

 また、こちらのモデルはタフソーラー機能が付いており光による充電で駆動する。さらにフルオートダブルのLEDライトを採用したことで暗所でも使えるようにしたほか、4時側にスピードメーターをイメージした立体インダイアルを用いた。

 加えてECB -900TRにはスマートフォンリンク機能も装備。エディフィスの無料専用アプリ「EDIFICE Connected」から、自動時刻修正や、300都市から選べるワールドタイムの設定、ストップウオッチデータの転送、スピードインジケーター、携帯電話探索機能などが利用できる。

エディフィス

 コチラもまた、スクーデリア・トロ・ロッソのレーシングマシーンをイメージしたカラーリングを施し、時計全体でボディカラーを表現している。

 2モデルともパッケージにもスクーデリア・トロ・ロッソやパートナーシップロゴを刻印し、モータースポーツの世界観を体感できるリミテッドエディションにふさわしい仕様とした。

 価格はEFR -564TRが2万7000円、ECB-900TRが4万5000円(消費税別)。

画像ギャラリー