市販車のレプリカカラーも多数出現! WRCで活躍したニッポンの平成名車5選 (1/2ページ)

市販車のレプリカカラーも多数出現! WRCで活躍したニッポンの平成名車5選

当時はクルマ好きの誰もが知っていたマシンたち

 平成のモータースポーツシーンで印象深いのは、国産車の黄金期とも言えた90年代のWRC。チャンピオンに輝いたトヨタ、三菱、スバルだけでなく、日産、マツダ、スズキ、ダイハツなど、多くのメーカーがワークス、もしくはそれに近いカタチで参戦していた。それぞれ輝かしい記録を残しているが、そのなかでとくに印象深いクルマ5台をピックアップしてみよう。

1)トヨタ・セリカ(ST165)

「流面形」と呼ばれた4代目セリカ。フルタイム4WDのGT-FOURは、1988年にWRCにデビュー。平成元年(1989年)のオーストラリアで初優勝を飾る(ドライバーは、ユハ・カンクネン)。

 そして今年のF1のマクラーレンのドライバー、カルロス・サインツJr.の実父、カルロス・サインツのドライブで、1990年、王者ランチャを打ち負かし、日本車で初のWRCのドライバーズチャンピオンを獲得した(スペイン人で初の世界チャンピオン)。サインツは、1992年にもST185セリカを駆ってチャンピオンになっている。

【関連記事】何の商品? モータースポーツマシンに貼られた超有名なロゴ5つの正体とは

WRC画像はこちら

 ST165の強みは、油圧制御のセンターデフ。4WDが強みを発揮するグラベルだけでなく、ターマックのタイトコーナーでもクイックな回頭性を見せた。WRC画像はこちら

 セリカは、ST165の後継車、ST185でも1992年にカルロス・サインツがドライバーズタイトルを獲得。翌1993年には、カストロールカラーになり、ユハ・カンクネンがドライバーズタイトルを獲得するとともに、日本車ではじめてマニュファクチャラーズチャンピオンにもなり、日本車初のダブルタイトルを達成している。WRC画像はこちら

2)三菱ランサーエボリューションV

 90年代前半のWRCの主役が、トヨタのセリカだったとすると、90年代後半の主役は三菱のランサーエボリューションシリーズ。WRC画像はこちら

 ランエボは、1993年にWRCにデビューし、1995年に初優勝(エボⅡ)。1996年~1999年まで、トミ・マキネン(現在のTOYOTA GAZOO Racing WRTの代表)のドライブで、ドライバーズタイトル4連覇の偉業を達成。

 とくに1998年には、エボVによって、マニュファクチャラーズタイトルとグループNも制し、WRCの三冠を達成。三菱がこだわりぬいて開発し続けた、電子制御のアクティブデフの進化が、大きなアドバンテージとなっていた。WRC画像はこちら

 2000年には、トミ・マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオン獲得を記念して、ランサーエボリューションVI トミ・マキネンエディション(通称エボ6.5)が発売された。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報