「三菱 ランサーエボリューション」の記事一覧

三菱 ランサーエボリューションに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

中古スポーツカー価格「高騰」が止まらない! 最近驚異の「爆上げ」をみせているクルマ4選

この記事をまとめると ■80年代〜90年代近辺の国産スポーツカーの値上がりが止まらない ■少し前まで多くあった100万円以下のような個体はほぼ皆無になった ■今後も極端に値下がりするようなことはないだろう あのクルマもい...

続きを読む...

80年代のパワー戦争黄金期はよかったなぁ……昭和オヤジが熱狂した「2リッターターボ」の名エンジン3機

この記事をまとめると ■1980年代はまだ各社が馬力を競っていた時代 ■とくに2リッターターボは各社が開発に力を入れていた ■注目すべき名エンジン3機を紹介する 各社が鎬を削ったターボエンジン全盛期  エコが叫ばれる現在...

続きを読む...

本格カレーショップもOPEN! 三菱本社ショールームにてWRCに参戦した本物のランエボVIに会える「WRC展」開催中!

オリジナルカレーはサイドメニューも充実した本格派!  三菱自動車は、東京都港区にある本社ショールーム「MI Play Ground」において、WRC展を9月下旬まで開催中だ。また、ショールームの一角にて、オリジナルカレー...

続きを読む...

バリバリのスポーツモデルなのに家族から文句が出ない! 走りが忘れられない「世帯持ち男子」が乗るべき5台のクルマ

この記事をまとめると ■スポーツカーでも意外とファミリーで乗って快適なクルマはある ■リヤシートやラゲッジスペースが広ければ認めてもらえる可能性は上がる ■リヤにアクセスするためのドアがあるモデルならなおよし 2ドアスポ...

続きを読む...

走り命! イジり前提! 「割り切り感」が潔すぎる「モータースポーツベース」のナンバー付き市販車3選

マツダはパーティレースの公認車を用意するなど積極的だ  豪華な装備はいらない。シンプルで軽量、なおかつその分安価なモータースポーツベース車両が欲しい!  そうしたリクエストに答えてリリースされた、新車で買える各社のそうし.…

続きを読む...

これだけ中古が人気なんだから「復活」させるべき! ユーザーが「後継車」を切望する「絶版」国産モデル4選

復活を待ち望んでいるユーザーが多いモデルも存在!  さまざまな理由で生産が終了し絶版車となってしまったものの、現在でも根強い人気を誇っている車両というのは少なからず存在する。  先日2022年3月での生産終了が発表され、...

続きを読む...

エンジン好きなら人生一度は乗ってほしい! 替えがきかない「絶版名機」4選と搭載車

もっともレアで伝説になりえるエンジンも存在!  自動車業界は100年に一度の大変革期ということで、完全に電動化に向かっています。環境性能とCO2排出量のバランスでいうとガソリンハイブリッドが現時点でのベストソリューション...

続きを読む...

まさかのワゴン車も! 何百台もの市販車からレーシングドライバーが選ぶ「本当に意のままになる」クルマ6選

トヨタ車のハンドリングのベンチマークになったモデルも! 「人馬一体」とか「意のままに……」とか、クルマの運動性をアピールする美辞麗句は数多くあれども、実際にそれを体感させてくれるクルマはあまりない。今回は「高性能自動車評...

続きを読む...

ときに「回帰」も重要! スカイライン的「復活成功」を期待したいクルマ3選

スカイラインは「NISSAN」エンブレムに戻して評価上昇!  歴史のある車名というのは、個々のイメージが強いという点がメリットでもありデメリットでもある。そのため、新たな風を送り込みたいメーカーは、時として歴史あるブラン...

続きを読む...

巨大メーカーの「ブランド」を築いた衝撃作! 国産8メーカーの「神車」8台を選んだ

スポーツカーがブランドイメージを高めてきた時代があった  自動車メーカーにはそれぞれ色がある。そうした個性的なキャラがあるからこそユーザーは車種ではなくメーカーのファンになったりするわけで、それをブランド価値と呼んだりす…

続きを読む...

手に入れられれば幸運そのもの! 歴史の集大成「ファイナルエディション」が設定されたクルマ4台

すぐに完売するほどの人気ぶり!  クルマというのは常に進化を繰り返している。そのため、小さな改良を行うマイナーチェンジから、まるっと新型になるフルモデルチェンジまで大小さまざまな変更を受けることとなるわけだ。  しかし、.…

続きを読む...

デカイは「正義」だ! 空も飛べそうな「衝撃リヤウイング」を纏ったクルマ4選

上下2段の羽根を備えるものも!  高性能車の代名詞とも言えるのが大きなリヤウイング。最近ではさまざま解析技術も進んで小ぶりでも効果的なウイングも多く存在するが、一昔前まではとにかく大きなウイングが正義、という時代もあった.…

続きを読む...

このクルマがなければ時代が変わっていた! その後に多大なる影響を与えたブームの火付け役4台

今や大人気のスーパーハイトワゴンの火付け役となった一台!  いまや当たり前のように認識されている人気カテゴリーでも、最初から存在していたわけではない。また、前々から生まれていたカテゴリーであっても爆発的な人気につながるに…

続きを読む...

三菱ファンの悲しみに比べればスバリストは幸せ! ランエボ10世代に渡るスバルとの闘いの歴史を振り返る

インプとランエボは古き良き時代を戦った「戦友」!  スバルでは「安心と愉しさ」を標榜しながら、運転の愉しさの象徴であるはずのMTやターボエンジン搭載車は減る一方。北米市場重視と思しきラインアップ展開が強まるばかりであるな...

続きを読む...

デイリーランキング