道路脇に停車中の左ウインカーは違反! クルマのウインカーの正しい使い方とは (1/2ページ)

道路脇に停車中の左ウインカーは違反! クルマのウインカーの正しい使い方とは

路肩に寄っての停車も進路変更に当たる

 ちょうど1年ほど前、「方向指示器(ウインカー)を出さずに車線変更や右左折するクルマが多い都道府県」というのが話題になり、WEB CARTOPでも取り上げた(JAFのアンケート:全国1位は岡山県)。だが今なお、相変わらずウインカーの使い方がわかっていない人、省略する人、出さない人というのは後を絶たない。

 そうしたなか、右左折や進路変更時にウインカーを出さないのは論外として、とくに曖昧になっているのが、停車するときの合図と、車線変更の合図。

ウインカー

 路上で停車するときも、合図なしで止まるのは大迷惑。ハザードを点けて、左端に寄って止まる人も多いが、法律的にいうと正しくはない。道路交通法では左端による=進路変更になるので、その3秒前には左ウインカーをつける必要がある。

 そして「(進路変更の)行為を終わったときは、当該合図をやめなければならない」と定められているので、停車中はウインカーを消すのが正解。

画像ギャラリー