スープラを買うか? ライバル車を選ぶか? 意外に少ないトヨタ新型スープラの競合車とは (1/2ページ)

スープラを買うか? ライバル車を選ぶか? 意外に少ないトヨタ新型スープラの競合車とは

トヨタ・スープラとBMW Z4はユーザーにとって競合しえない

 トヨタ・スープラで人気の高いグレードは、直列6気筒3リッターターボエンジンを搭載するRZだ。価格は690万円になる。ショックアブソーバーの減衰力を変化させるAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)、アクティブディファレンシャル、19インチタイヤなどの装着もあって約700万円に達した。

スープラ

 この価格帯になると、日本車の車種数は大幅に減る。スポーツカーの場合、レクサスRC350Fスポーツが同じ価格帯に用意される程度だ。日産GT-R、レクサスLC、ホンダNSXなどは1000万円を軽く超えており、そのほかのスポーツカーは大半が500万円以下だ。日産フェアレディZの性能を高めたNISMOでも、スープラRZよりは安い。

スープラ

 スポーツモデル以外のほかのカテゴリーでも、700万円前後となれば、アルファード&ヴェルファイア、レクサスGS/RXなどの上級グレードになる。従って選択肢は少ない。

 基本部分をスープラと共通化したBMW Z4は、RZと同じエンジンを搭載するM40iが835万円だ。電動開閉式ソフトトップを装着したこともあって、スープラRZに比べると100万円以上高い。

スープラ

 2リッターターボエンジンを搭載したBMW Z4 sDrive20iは、スタンダードなら566万円に収まるから、590万円のスープラSZ-Rよりも少し安い。sDrive20i M Sportは665万円だ。

 注意したいのはBMW Z4の動力性能で、2リッターターボエンジンは、Mスポーツまで含めてスープラSZと同じ仕様になる。最高出力は197馬力、最大トルクは32.7kg-mと大人しい。スープラSZ-Rは同じ2リッターターボでも258馬力・40.8kg-mに高まるが、日本市場においてBMW Z4でこのエンジンは選べない(欧州にはsDrive30iのグレード名で用意される)。つまりスープラとBMW Z4では、価格帯は重複しているが車両の性格は異なる。

画像ギャラリー