トヨタ・スープラもホンダNSXも北米が主戦場! なぜアメリカでは2ドアクーペがウケるのか? (2/2ページ)

日本人の現実主義に対してアメリカ人は大らか

2)複数台所有できる余裕と遊び心

 もうひとつ、アメリカで2ドアクーペが人気を維持している理由が、アメリカ人の”遊び心”にある。

 アメリカでクルマといえば、「普段の足」と言われることが多い。A地点からB地点まで、通勤、通学、買い物で使う道具。電車があまり発達していない町や地域が多いアメリカでは、クルマという移動の道具がないと生活できないのが実情だ。

 こうしたクルマの存在を、コモディティ化と呼ぶ。コモディティとは、家具や家電など生活用品を指す言葉。SUVやピックアップトラック、さらにC/Dセグメントのセダンなどのアメ車はまさに、コモディティだ。クーペ

 一方、2ドアクーペには「クルマをコモディティにしたくない」というアメリカ人の気持ちが反映されている。そう、クルマに対する”遊び心”である。

 アメリカではクルマを複数所有する家庭が多い。そうなると、1台はコモディティとしてのSUV、そしてもう1台は2ドアクーペ、といった組み合わせをする人が多いといえる。クーペ

 日本でも自宅の駐車スペースが多い家庭では複数のクルマを所有しているが、1台はミニバン、もう1台は軽ワゴンといった、2台ともコモディティという家庭が増えている印象がある。

 また、1台はミニバンで、もう1台をご主人の趣味で2ドアクーペを買おうとしても、家族から”お金の無駄”というレッテルを貼られてしまい、2ドアクーペ購入を却下されることもあるかも? 日本人はクルマに対して現実主義の志向が強いのではないだろうか。

 アメリカで2ドアクーペが人気の理由。それは、アメリカ社会が持つクルマに対する大らかな雰囲気なのではないだろうか。

画像ギャラリー