つけないのは論外! つけ方を間違えても効果なし! 意外と知らないクルマのシートベルトの正しい着用方法とは (1/2ページ)

つけないのは論外! つけ方を間違えても効果なし! 意外と知らないクルマのシートベルトの正しい着用方法とは

一般道での後部座席シートベルト着用率はたった38パーセント!

 シートベルトは2008年以降、後部座席での装着も義務付けられたため、すべての座席で着用することになっている。警察庁とJAFの調査によると、平成30年のシートベルトの着用率は、運転席及び助手席の着用率はともに90%以上。後部座席同乗者の着用率は一般道で38.0%、高速道路等で74.2%。

 運転者、助手席に比べ後部同乗者の着用率が低いのが気になるが、その重要性は前席であろうと後席であろうと変わりはない。また、シートベルトはただ着用すればOKというものではなく、正しく着用しなければその効果は半減してしまうので、もう一度正しい着用方法をおさらいしておこう。

1)正しいポジションで座る

 クルマのシートは、リビングのソファーではないので、ドライバーだけでなく、同乗者もただ単に楽ちんな姿勢、好きな姿勢で座っていいものではない。基本として、背もたれは寝かさずに、背中が丸まらないようにして、シートに深く腰掛ける。身体を斜めにするような姿勢はNG。

シートベルト

2)肩ベルトの位置

 肩ベルトは鎖骨の中央を通るようにして、ベルトが首にかからないようにショルダーアンカーで高さを調整する。襟のある服を着ているときは、ベルトが襟の下を通るようにするとベスト。もちろんベルトにたるみやねじれがないように気を付ける。

シートベルト

画像ギャラリー