身を守るためにも覚えておいてほしい! 運転初心者がやりがちな周囲にイラッとされる行為4つ (1/2ページ)

身を守るためにも覚えておいてほしい! 運転初心者がやりがちな周囲にイラッとされる行為4つ

ときには思い切りの良さも必要!

 免許取り立ての初心者ドライバーは運転に慣れてないのは当然のこと。周囲のドライバーも初心者マークが目に入れば、おおらかな気持ちで新米ドライバーを見守ってくれる人がほとんどだ。しかしなかには些細なことでイラっとする心の狭いドライバーも残念ながら存在している。そこで今回はそんな心ないドライバーに絡まれないように、イラっとされがちな行為をご紹介したい。

1)速度が一定じゃない

 アクセルを同じように踏んでいてもアップダウンで速度が変化してしまうが、初心者ドライバーは運転に慣れていないため、この調節がうまくいかずに上りではスピードが一気に低下し、下りではスピードが乗り過ぎるといった不安定な加減速をしてしまいがちだ。そのため、後続のドライバーもそれに合わせて必要以上に加減速をしなければならなくなり、運転のリズムを崩された結果イラっとされてしまう可能性が発生する。

【関連記事】サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

イラッとされがちな行為画像はこちら

2)躊躇してタイミングを逃す

 合流や右折などでこちら側が速度を調整してやりやすく配慮したにもかかわらず、躊躇しすぎた結果うまく合流や右折ができずにあわや接触の事態になってしまうことも。そんなときはさすがに配慮した側もイラっとしてしまうことがある。

イラッとされがちな行為画像はこちら

 合流時などは慣れていないとどうしても躊躇してしまいがちではあるが、あまりに遠慮しすぎているといつまでたっても合流できないだけでなく、後続の車両などにも危険が生じる可能性もあるので、ときには思い切りの良さも必要と言えるだろう。

画像ギャラリー


新着情報