万能装備じゃない! あえて人気のスライドドア車を選ばないほうがいいケースとは (1/2ページ)

万能装備じゃない! あえて人気のスライドドア車を選ばないほうがいいケースとは

高齢者にとってヒンジドアのほうが乗り降りしやすい場合も

 いまや日本市場におけるファミリーカーのメインストリームはスライドドアのミニバンになっている、といっても過言ではない。多人数乗車に対応でき、また後席の乗降時にドアを全開にできるというのは老若男女にメリットがある……ように思えるが、はたして実際にはどうなのだろうか。スライドドア車を選ばないほうがいいケース

 おそらく多くのユーザーが誤解しているのは「スライドドアのミニバンは高齢者にやさしい(乗り降りしやすい)」ということだろう。たしかにリタイヤしたばかりの、まだまだ若々しさもある60代であれば、スライドドアのミニバンに乗り降りするのに苦労はないだろう。いまや後席の乗降を助けるアシストグリップは当たり前の装備となっているし、なんならオプションでステップをつけることもできる。しかし、スライドドアというのは、その構造からフロアが高くなり、座面も高い。そのため、動線としてはクルマに対してまっすぐに乗り、車内で向きを変えてシートに腰を下ろすというものになる。これは、ある程度の年齢を重ねた高齢者には厳しい動きとなる。スライドドア車を選ばないほうがいいケース

 個人差もあるので年齢を目安にすることは難しいが、後期高齢者と呼ばれる頃になると立つことよりも座ることが難しくなるのだ。また、足も高く上げるのは難しくなる。つまりスライドドアのミニバンは乗りづらくなる。むしろ、座面が適度に高いヒンジドアのクルマのほうが乗り降りしやすい。具体的にはスズキ・ワゴンRやホンダN-WGNといったハイトワゴン系の軽自動車が乗りやすのだ。こうしたクルマであれば高齢者と向かい合って体を支えて、乗り降りを介助しやすい。また、軽自動車であればドアを全開にしやすいというのもメリットになる。スライドドア車を選ばないほうがいいケース

画像ギャラリー