次期eKスペースか!? 三菱は電動SUVのほかスーパーハイト軽のコンセプトを披露【東京モーターショー2019】

次期eKスペースか!? 三菱は電動SUVのほかスーパーハイト軽のコンセプトを披露【東京モーターショー2019】

電動SUVはガスタービンエンジンにモーターを組み合わせる

 三菱自動車は、10月25日(金)より一般公開される第46回東京モーターショー2019の出展概要を発表した。先日発表された小型電動SUVに加え、スーパーハイト軽のコンセプトモデル、2019年ジュネーブショーで初披露されたPHEVシステム搭載のSUVの3台のほか、魅力的な市販車などが展示される。

 MI-TECH CONCEPT(マイテック・コンセプト)は、“光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV”をコンセプトにした電動SUVだ。モーターショー

 リヤには大きな4つのファンが搭載されているが、ここに発電用のパワーユニットが搭載されるようだ。発電用エンジンは、従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンとしている。これは、天然ガスなどさまざまな燃料へ対応できることから、将来を見据えた選択となる。EV走行とシリーズ走行モードを使い分け、気持ちよい走りを味わうことが可能だ。モーターショー

 電動4WDシステムは、2017年の東京モーターショーに出展されたMITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTのリヤに搭載された、デュアルモーターAYCをフロントにも採用。4モーター式の電動4WDシステムとなり、4輪すべてに最適な駆動力を伝えられるようになる。日常の安心・安全なドライブから、オフロードでの圧倒的な走破性も見せる、魅力的な4WDシステムだ。

 また、光センサーを用いたセンシング技術により検知した情報を、フロントのARウインドウシールドに映し出すヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を搭載。より的確にドライバーへ周囲の状況などを伝えてくれる。これに合わせ、ステアリングならびにブレーキ操作をサポートしてくれる運転支援技術「MI-PILOT」を始めとして予防安全技術も備わっている。

 もう1台が、Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)だ。将来、新型eKスペースとして登場するであろうこのコンセプトモデルのフロントマスクは、すでに発売されて人気のeK Xのような、迫力あるSUVテイストを持っているように見える。いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたいというドライバーの気持ちに応えたコンセプトモデルで、スーパーハイト軽らしい広々とした居住空間を持っている。モーターショー

 安全装備も、MI-PILOTをはじめ、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストといった、サポカーSワイドに該当する予防安全技術も備えている。ドライバーの負担を軽減しつつ、快適なドライブと安心・安全をもたらす1台に仕立てられている。

 そのほか、ジュネーブショーで公開されたMITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)が日本初公開される。ツインモーター4WDを採用した、プラグインハイブリッドモデル。PHEVならではの長い航続可能距離と、PHEVシステムを搭載しながらも3列シートを可能にしたパッケージングによって、SUVの魅力を高めた1台だ。モーターショー

 車両展示以外にも、VRを用いてMI-TECH CONCEPTの走りを体験できるコーナーや、アウトランダーPHEVに蓄電した電気を使って、住宅に電気を供給できるシステム「電動DRIVE HOUSE」など、最新の三菱の魅力を味わえるブースになっている。このほかにも、最新三菱車の試乗コーナーや、キッザニアとコラボしたカーデザイン体験コーナーなども用意されている。

画像ギャラリー