トヨタが次期型の開発最終段階「MIRAI Concept」を公開! 5人乗りを実現【東京モーターショー2019】

トヨタが次期型の開発最終段階「MIRAI Concept」を公開! 5人乗りを実現【東京モーターショー2019】

退屈な燃料電池車ではなくエモーショナルなクルマ!

 トヨタは2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)まで東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で行われるFUTURE EXPOにて「MIRAI Concept(ミライコンセプト)」を初公開すると発表した。

「MIRAI(ミライ)」はトヨタが一石を投じ、2014年12月に販売が開始された世界初の量産燃料電池車。水素を空気中の酸素と化学反応させて発電した電気で走るといった仕組みだ。今日まで世界中で約1万台を売り上げた。

「MIRAI Concept」は2020年末に発売予定の次期「MIRAI」の開発最終段階のモデルだという。トヨタ・チーフエンジニアの田中義和さんは「MIRAI」について、「環境にいいのは当たり前。なので、それに加えてエモーショナルな魅力に溢れ、素晴らしい性能を持つクルマにチャレンジしていかなければならない」と考えているそうだ。

 現状明らかになっている「MIRAI Concept」の詳細を見ていこう。

 チーフエンジニアの田中さんが「思わず振り返りたくなるシルエット」だというエクステリアは、TNGAプラットフォームを採用することによって低重心で伸びやかなプロポーションを実現。足元には20インチの大径タイヤを履くことによって力強い印象だ。ボディ色は新規開発された「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」。

MIRAI Concept

 インテリアはドライバーを包み込むようなインストルメンタルパネルと12.3インチのワイドモニターを取り込んだセンタークラスターにより「運転する楽しさ」と「先進のくつろぎ感」を合わせ持つ空間を追求したそうだ。

 また現行「MIRAI」は4人乗りだが、このコンセプトカーは5人乗り。次期「MIRAI」では5人乗りが実現するのか、非常に気になるところだ。

MIRAI Concept

 走りについてはTNGAプラットフォームによる上質な乗り心地に加え、燃料電池車ならではの異次元の静粛性と剛性の高さを見せるとのこと。さらにスタック性能の向上などによりリニアで滑るような質の高い動き出しと気持ち良い加速、高速域までのトルクフルな走りを実現。ワインディングでは意のままのハンドリングを可能にするなど、いままでにない走行フィーリングが味わえるのだという。

 またFCスタックをはじめ、FCシステムをすべて一新することで、燃料電池車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量拡大などにより航続距離を従来比で約30%延長することを目指して開発中だそうだ。

 性能の詳細は今後公表していくとのことで、「MIRAI Concept」の市販モデルは日本や北米、欧州などで2020年末からの発売を予定している。

 2代目「MIRAI」の手がかりとなる「MIRAI Concept」の登場を、ぜひ東京モーターショー2019の場で見届けてほしい。

【主要諸元(社内測定値)】

ボディサイズ:全長4975mm×全幅1885mm×全高1470mm
ホイールベース:2920mm
駆動方式:後輪駆動
乗員定員:5人
航続距離:約30%延長(従来比)

  

  

画像ギャラリー