「トヨタ/レクサス MIRAI」の記事一覧

トヨタ/レクサス MIRAIに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

採算度外視! チャレンジ魂だけで誕生! 自動車メーカーに敬礼必至の国産「きよぶたカー」4選

この記事をまとめると ■クルマの開発には数百億円かかるとも言われており新車の開発には体力が必要だ ■赤字覚悟でも市販する意味があると判断されたクルマは一か八かで市場に送り込まれる ■チャレンジ精神があったからこそ生まれた...

続きを読む...

トヨタのFCV継続は素晴らしい! それでも「水素燃料電池」の世界が訪れる気配が見えない理由

この記事をまとめると ■トヨタとヒョンデが市販しているFCVだが、その普及には高い壁が立ちはだかる ■固体高分子型燃料電池の生産には高度な技術が必要で、また水素の生成にも多くのエネルギーを必要とする ■国内では150坪の...

続きを読む...

真のセレブは「わかってる感」のある「外し系」! 独断と偏見で「富豪」にオススメの「セカンドカー」を選んでみた

この記事をまとめると ■お金に余裕がある人にオススメしたい2台目のクルマを独断と偏見でピックアップ ■本当にお金がある人は派手なことを好まない傾向にあるという噂も…… ■クルマはほどほどに別のことにお金を投資する人も多い...

続きを読む...

セダン受難の時代の最後の砦! 乗るならいまの国産絶品セダン5選

この記事をまとめると ◼︎今のうちに乗っておきたい国産セダンをピックアップ ◼︎同クラスのクルマと比較して半額で買える最新モデルも設定 ◼︎純ガソリンセダンは今のうちに楽しんでおくのが吉と言えよう クルマの醍醐味はセダン...

続きを読む...

センチュリーとアルファードだらけの「高級車界」でドヤれること確実! 見た目からして個性的すぎる「高級車」4台

この記事をまとめると ■人とは違った高級車が欲しい人にオススメなクルマを紹介 ■変わったクルマとはいえ、エクステリアも車内も最高クラス仕立てとなっている ■中古であれば大統領が乗っていたクラスのクルマも格安で手に入る 自...

続きを読む...

水素燃料電池車の乗用車はトヨタとヒョンデのみと厳しい状況! 生きる道は大型商用車にアリ

この記事をまとめると ■燃料電池の乗用車を市販しているのはトヨタとヒョンデの2メーカーのみとなっている ■乗用車よりも長距離トラックや路線バスなどに向いてそう ■適材適所を見極め、路線バスや家庭用エネファームなどで活かす...

続きを読む...

「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方

この記事をまとめると ■FCVは水素を燃料に燃料電池スタックで発電し、その電気でモーターを駆動させるEV ■現在はトヨタMIRAIとヒョンデNEXOの2モデルが発売されているだけ ■燃料電池車がこれからどのように普及して...

続きを読む...

ヒョンデがネッソを投入してもFCV時代は来ない! 水素ステーションの数が「増やせない」根本的な問題とは

この記事をまとめると ■12年ぶりとなるヒョンデの日本上陸によりFCVのネッソが発売される ■4ドアセダンのMIRAIとSUVのネッソの登場で消費者はFCVを選べる状況になる ■一方、水素ステーションなどのインフラの設置...

続きを読む...

ヒョンデ13年ぶりの上陸は日本車の脅威となるか? 導入された2台を国産ライバルとガチ比較してみた

この記事をまとめると ■ヒョンデの持ち込んだ「アイオニック5」と「ネッソ」を日本車と比較 ■燃料電池車の市場ではトヨタのMIRAIのみがネッソのライバルとなる ■価格と性能を考えるとヒョンデが一歩有利に思える アリアのラ...

続きを読む...

スカイラインにレヴォーグにLS! 広がってきた「手放し運転機能」の「安心感」に差があるワケ

この記事をまとめると ■日本車では4社からハンズフリー運転可能なクルマが発売されている ■ホンダのみレベル3を実現しており、それ以外の3社はレベル2となる ■手放し時のドライブには、クルマによって安心感に大きな差が感じら...

続きを読む...

H2Oボタンに大気清浄機! トヨタ・ミライがもつ「FCVだけ」の機能3つ

この記事をまとめると ■FCV(燃料電池車)は水素を利用して発電して走るエコカー ■トヨタMIRAIはすでに1度フルモデルチェンジを実施している ■トヨタMIRAIのFCVならではの機能を紹介する 空気を汚さないどころか...

続きを読む...

2021年はクルマの技術の当たり年だった! ジャーナリストが「驚き、感動した」新技術5選と搭載車

この記事をまとめると ■2021年の日本の自動車業界には新しく魅力的な新型車が続々登場した ■それら新型車には未来につながる最新技術・最新装備が搭載されているものがあった ■それら最新技術の中から筆者が「驚き感動した」も...

続きを読む...

エキサイティングな家族になること不可避! ご近所とはふた味違う新世代ファミリーカー5選

この記事をまとめると ◼︎新世代のファミリー向けクルマを紹介 ◼︎パワートレインなども多様化していて選択肢は多い ◼︎決め手は家族のライフスタイルを考えること 楽しさが詰め込まれた最新のファミリーカーとは  皆さんは「フ...

続きを読む...

受け継いだのは「名前」だけ! 先代とはまるで別モノの「大胆モデルチェンジ」を行った現行車5選

気合い入りすぎなモデルチェンジをしちゃったクルマたちを紹介 フルモデルチェンジには旧型の正常進化となるキープコンセプトと、「車名を変えてもいいんじゃないか」と感じるくらい別のクルマに変わる大胆なものがあるが、ここでは後者...

続きを読む...

水素ステーションの充実は不可能! 開業が現実的にならない「条件」の厳しさとは

トヨタモビリティ東京がMIRAIの試乗体験を公開!  トヨタモビリティ東京が、新型MIRAIの試乗体験を公開している。試乗車は、GグレードのA Packageで、車両重量は1920kgあり2トン近い重さになる。水素を満充...

続きを読む...

デイリーランキング