EQの最新モデルをアジア初公開! メルセデス・ベンツが出展概要を発表【東京モーターショー2019】

EQの最新モデルをアジア初公開! メルセデス・ベンツが出展概要を発表【東京モーターショー2019】

EQCをはじめ発表したばかりの新型モデルを多数展示

 メルセデス・ベンツ日本は2019年10月25日(金)から一般公開される「第46回東京モーターショー2019」に、日本初公開となる新型モデルを含む最新車両を13台出展すると発表した。

 ブースでは「メルセデスの”いま”をお伝えする」をテーマに、電動モビリティを包括するブランド「EQ」から、2019年のフランクフルトモーターショーで世界初公開した「Mercedes-Benz VISION EQS」や「smart EQ fortwo」をアジア初公開するほか、新型モデル「E 350 de」「V 220 d」「A 45 S」を発表する。

 また、既存モデルの「CLA 200 d」「B 180」「C 200 Laureus Edition」「EQC 400」「GLC 300」「S 560 long Chauffeured Limited」「AMG GT 63 S 4MATIC+」を展示するとしている。

メルセデス・ベンツ 東京モーターショー

 ブースでは、LINE Beaconを活用した最新情報を発信するほか、デジタルスタンプラリーなど多くの来場者が気軽に楽しめるコンテンツを用意。また、テレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」や対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」などデジタルカーライフをサポートするサービスを体験できるモデルも出展する。

 そのほか、ライフスタイルの様々な場面で利用できるアイテムを取り揃えた「メルセデス・ベンツコレクション」をブース内とプレミアムグッズショップで販売する。東京モーターショー記念として先行販売商品の用意もあるという。

 東京モーターショーの開幕に合わせて、展示情報などの関連情報を紹介するスペシャルサイトを2019年10月23日(水)に公開する予定だ。

画像ギャラリー