タントもスペーシアもぶっちぎってN-BOXが9月に月間販売台数記録を更新……も裏にある複雑な事情 (1/2ページ)

タントもスペーシアもぶっちぎってN-BOXが9月に月間販売台数記録を更新……も裏にある複雑な事情

他車の動向をみても消費税率アップの駆け込み需要が影響

 ホンダN-BOXといえば、軽自動車のみならず日本で一番売れているクルマとしておなじみですが、現行型にフルモデルチェンジしてからの月間販売記録が2019年9月に更新されました。その販売台数は、なんと2万8484台。前月比155.8%、前年同月比126.4%という驚くべき数字です。しかも、N-BOXは10月にマイナーチェンジを実施しています。つまりマイナーチェンジ直前での記録更新というわけです。

【関連記事】「軽は安い」は本当? 同じ車両価格の軽自動車とコンパクトカーの維持費の差とは

N-BOX画像はこちら

 旧型N-BOXの月販記録は2015年3月の3万633台でした。3月というのは決算期で、どのメーカーも売れる時期なので当然です。軽自動車全体でいっても月販記録は2014年3月の30万2345台だったりします。つまり、例年通りであれば9月に販売記録を更新する要素というのは考えづらく、2019年のイレギュラーな要素である消費税増税が、販売増につながったのは間違いないでしょう。

 なお、軽自動車のセールストップ5の前年同月比をみると、ダイハツ・タントが184.3%、日産デイズが118.4%、スズキ・スペーシアが114.2%、ダイハツ・ムーヴが121.0%と軒並み前年から伸びています。どのモデルにも共通している点を考えると、消費税増税前の駆け込み需要と考えるのが妥当です。

N-BOX画像はこちら

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報