旧車でも省エネは可能? いまどきのクルマにあるエアコンのエコモードの効果は手動で再現できるのか (1/2ページ)

旧車でも省エネは可能? いまどきのクルマにあるエアコンのエコモードの効果は手動で再現できるのか

温度設定を意識してマメに調整すればアナログでも省燃費に!

 最近のクルマはエコモードが当たり前のように付いている。そもそもエコモードは10年ぐらい前からあったものの、その当時はエンジンのパワーを抑え気味にしたり、シフトポイントを変更したり。CVTなら、回転数を下げて走るようにしたりと、運転していてもわかりやすいものが多かった。

【関連記事】「常時ONはダメ」「定期的な稼働が大切」など古いクルマのクーラーは使い方に要注意

旧車のエアコン画像はこちらそれが現在では、走りに大きな変化がなく、違和感はなかったりする。その理由はいろいろとあるが、複雑に制御するようになったというのは大きいだろう。つまりエンジンやミッションはもちろんのこと、エアコンやアイドリングストップなども含めて、可能な限りでのエコドライブを追求しているわけだ。

 開発陣に聞くと、エアコンを制御するのは省燃費という点ではかなり有効とのことなのだが、エンジンの動力を使ってコンプレッサーを回しているだけに当たり前と言えば当たり前。そこで、フト思うのが、エコモードが付いていないクルマでも同じようなことができないかということ。つまり、アナログでマメに操作してできるだけエアコンの負担を減らせないかということなのだが、それは可能だ。旧車のエアコン画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報