ネガキャンはヤン車だけじゃない! 市販車でもタイヤが「ハの字」になっている理由とは (1/2ページ)

ネガキャンはヤン車だけじゃない! 市販車でもタイヤが「ハの字」になっている理由とは

改造車ではおなじみだがじつは純正でもハの字になっている!

 シャコタン+ハの字といえば、ドレスアップの定番のひとつ。ハの字というのは、クルマを正面から見たときに、タイヤが地面に対して内側に傾いている状態。この地面に対するタイヤの角度をキャンバーといい、上端が閉じて、ハの字に見える状態をネガティブキャンバー、略してネガキャンという。

タイヤをハの字にする利点

 カスタムカーや、ハコ車のレーシングカーではおなじみの、このネガキャン。じつは新車の市販車でも微妙についている場合が多い。世の中の地面が真っ平らで、クルマも直進しかしないのなら、キャンバーは垂直=ゼロが一番いいのかもしれないが、一般道でも高速道路でも、路面には多少の凸凹はあるし、曲がっている道もたくさんある。

 そうしたさまざまな環境のなかで、タイヤを上手に接地させ、操縦安定性をよくするために、キャンバーを含めアライメントを最適化する必要があり、その結果、ノーマル状態で少しだけネガキャンにしているクルマが多いというのが実情だ。では、そのメリットとは何なのか。

画像ギャラリー