フロントガラスの後付カメラとはおさらば! BMWが車外カメラをドラレコとして活用する機能をリリース

フロントガラスの後付カメラとはおさらば! BMWが車外カメラをドラレコとして活用する機能をリリース

標準装着のカメラを有効活用し360度の動画を撮影可能

 ビー・エム・ダブリューは、一部車両に標準装備となっているパーキング・アシスト機能用の車載カメラを、ドライブレコーダーとして活用できる機能をオンライン販売すると発表した。

 このドライブレコーダー機能は、現在BMWモデルの多くに装着されているパーキング・アシスト機能の上位機能である「パーキング・アシスト・プラス」搭載車両に装備されている前後左右の車外カメラを利用するというもの。

 車両への導入は、ConnectedDriveストアを経由し、該当車輌にオンライン販売される。一部モデルは車両ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があるが、ドライバーが車両購入後に任意のタイミングで機能を追加できるという画期的なものだ。機能の購入は、1カ月から無期限まで、ユーザーの希望に応じて4通りの期間を選択可能だ。

 エアバックが作動するような大きな衝撃を受けた際に、最大で前後20秒、合計で40秒間、車両の周囲360度を自動的に記録してくれる。また、任意のタイミングで最大40秒間、映像を記録させることも可能だ。

■対象モデル
新型BMW 3シリーズ(パーキングアシストプラス装着車のみ)
新型BMW 7シリーズ
新型BMW 8シリーズ
新型BMW X5
新型BMW X7

画像ギャラリー


新着情報