R-DYNAMICSも追加したディスカバリー・スポーツの2020年モデルが登場! 450万円より

R-DYNAMICSも追加したディスカバリー・スポーツの2020年モデルが登場! 450万円より

最新のランドローバーテクノロジーを投入して運動性能も向上

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、魅力的なSUVを多数ラインアップするランドローバーブランドの「ディスカバリー・スポーツ」を改良。2020年モデルとして、11月29日より受注を開始した。ランドローバー・ディスカバリー・スポーツの2020年モデル

 まず注目したいのが、よりスタイリッシュになったエクステリアデザインだ。ひと目でディスカバリー・スポーツだとわかるよう、フロントグリルや前後バンパーのデザインを変更。引き締まった表情に変化するシグネチャーLEDヘッドライトも採用している。また、よりスポーティさを際立たせたグレード「R-DYNAMIC」もラインアップに追加した。ランドローバー・ディスカバリー・スポーツの2020年モデル

 インテリアは、素材を見直すことで質感を向上。さらに、コンパクトSUVではあるものの、7人乗車が可能となる3列目シートと、前後スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割式2列目シートを採用。24通りのシートアレンジが可能となり、実用性と多様性を兼ね備えた室内空間を持たせている。ランドローバー・ディスカバリー・スポーツの2020年モデル

 パワートレインは、2L直4ディーゼルターボ(D180)と、2L直4ガソリンエンジン(P200、P250)の3種類を設定している。さらに、この2020年モデルより、ランドローバーの最新アーキテクチャーであるPTA(Premium Transverse Architecture)を採用。剛性を高めて、走行中のノイズや振動を抑えて安全性と快適性をさらに向上させている。

 さらに、フロントシャシー部のアーキテクチャーを刷新。エンジンマウントを従来よりも低く設置することで低重心化を実現した。これによりコーナリング時のステアリングレスポンスを向上させつつ、高い操縦性能と静粛性を両立させた。ランドローバー・ディスカバリー・スポーツの2020年モデル

 また、路面状況に応じてサスペンション/トランスミッション/トラクションを最適な状態に自動制御するテレイン・レスポンス2やエマージェンシーブレーキ、クルーズコントロールやレーンキープアシストに加え、車両のフロント下180度の視覚を確保するクリアサイトグラウンドビューなど、充実のドライバー支援システムを標準装備とした。

 そのほかにも、センターコンソールのくぼみに置くだけでスマートフォンなどを充電できるワイヤレス・デバイス・チャージングや、後方視界が悪いときでも、視野角50度の映像をルームミラーに映し出すクリアサイト・インテリア。リヤビューミラー、ヘッドアップディスプレイなどをオプションとして用意している。ランドローバー・ディスカバリー・スポーツの2020年モデル

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
DISCOVERY SPORT D180 513万円
DISCOVERY SPORT S D180 576万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S D180 609万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE D180 660万円
DISCOVERY SPORT P200 450万円
DISCOVERY SPORT S P200 513万円
DISCOVERY SPORT SE P200 563万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S P250 589万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250 639万円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250 701万円

画像ギャラリー