イケメン&3ナンバー化の新型トヨタ・カローラ! 話題十分も販売がいまひとつ奮わない理由とは (1/2ページ)

イケメン&3ナンバー化の新型トヨタ・カローラ! 話題十分も販売がいまひとつ奮わない理由とは

不調ではないが爆発的な新車効果が感じられない状況

 以前WEB CARTOPにカローラの発売後の評判などについて投稿した時に、メーカー発信のリリースで、新型セダンとツーリングが発売となった9月17日から1カ月が経過した時点で、カローラスポーツを含むシリーズ全体の受注台数が2万2000台だと記載した。さらに自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計による、新型セダンとツーリングが発売となってから初のフルカウント月となる、2019年10月のカローラシリーズ全体の販売台数は1万1190台となり、セダンとツーリングがメインとしては、「驚くほどではないものの好調な出だし」というような表現を使った。

【関連記事】「取り回しにくい」「税金が高い」はホント? クルマの3ナンバー化を嘆く人がいる理由とは

新型カローラの販売が今ひとつな理由画像はこちら

 セダンとツーリングが発売となってからの、スポーツも含むシリーズ全体の月販目標台数は9400台なので、2019年10月は月販目標台数を上まわっているが、納期が際立って長くなるほどの人気にはなっていない。販売の主流はハイブリッドとなるので、1.8リッターのNAエンジンならばそれほど待たずに納車となるとのことだ。新型カローラの販売が今ひとつな理由画像はこちら

 メーカーとしては、新型カローラの販売立ち上がりの状況について、「思っていたよりも勢いがない」と感じているようだとは、新車販売事情通の話。

 販売に勢いがないのはやはり3ナンバーワイドボディになったからなのかと考えがちだが、これも以前書いたように「日本仕様より全長やホイールベースが長く、全幅も広いグローバル仕様と共通のほうが良かった」という声も販売現場ではよく聞くというので、ボディサイズが大きくなったことが大きな要因とは必ずしも言えないようだ。新型カローラの販売が今ひとつな理由画像はこちら

 基本性能や装備内容、スタイリングやインテリアを見る限り、先代からのレベルアップはハンパではなく、価格設定も加味すればおすすめの日本車の1台ともいえるのだが、細かい部分で購入を躊躇してしまうようなことがあるので、これの積み重ねが販売状況において「いまひとつ勢いがない」ということになっているのかもしれない。

画像ギャラリー