2台の激熱モデルを展示! 英国の名門マクラーレンがカスタマイズカーイベントに降臨【東京オートサロン2020】

2台の激熱モデルを展示! 英国の名門マクラーレンがカスタマイズカーイベントに降臨【東京オートサロン2020】

今後の導入計画も発表された

マクラーレンといえばF1のコンストラクターとして有名な、いわば名門。そんなマクラーレンのロードカーを販売するのがマクラーレンオートモーティブだ。そして110日(金)から12日(日)まで開催のチューニングカーの祭典、東京オートサロン2020の会場にマクラーレンオートモーティブのブースが登場した。展示されていたのはGT720Sスパイダーの2台。

東京オートサロン2020のマクラーレンブース

GTは文字どおりマクラーレンのグランドツーリングカーで、スーパーカーとしては珍しく実用的なラゲッジルームを備える。実際、ブースに展示されていた車両にはラゲッジルームにゴルフバッグが積まれていた。つまり、このクルマならゴルフにも行けるということ。一度でいいからマクラーレンでゴルフ場に乗り付けてみたいものだ。スーパーカーとして肝心のスペックは4リッターV8ツインターボで620馬力、630Nm。最高速度は320km/h0-100km/h加速は3.2秒。そのパフォーマンスに文句のつけようがない。

東京オートサロン2020のマクラーレンブース

720Sスパイダーはマクラーレンがいうところのスーパーシリーズにカテゴライズされるクルマ。スーパーシリーズの上には数量限定モデルに属するアルティメットシリーズがあるのみなので、マクラーレンの主力にして実質的フラッグシップモデル。カーボンモノコックシャシーである「カーボンモノセルII」を採用するなど、マクラーレンンの最新技術が盛り込まれている。4リッターのV8ツインターボは720馬力。最高速度は341km/h0-100km/h加速は2.9秒。

東京オートサロン2020のマクラーレンブース

ブースに車両の展示はなかったが、究極ロードスターのエルヴァや570S GT4のロードカーバージョンである620Rなど、2020年のマクラーレンオートモーティブの展望も発表された。スーパーカーファンにとって、2020年もマクラーレンから目が離せないことだけは確かだ。

画像ギャラリー