見た目はオービスそっくりだが速度は取り締まらない! Nシステムが設置される目的とは (2/2ページ)

速度違反は取り締まらないが注意は必要

 しかも、ナンバープレートだけではなく、ボディ形状、カラー、運転者や同乗者まで撮影されていて、逃走中の容疑者や犯罪に使われたクルマの照合、盗難車の発見などには効果的だが、すべてのクルマを撮影するため、プライバシーの侵害という問題も……。

 ただし、Nシステムで撮影されたデータをもとに、速度違反が問われることはないので、他に法を犯している人以外は、カメラがあることを気にする必要はない。

 ちなみにオービスはカメラの手前に予告看板等があるが、Nシステムには予告はない。

Nシステムは何のために使われているのか

 また速度違反の検挙には使われないことになっているNシステムだが、Nシステムの下を法定速度以上のスピードで元気よく駆け抜けていくと、その先に白バイやパトカーが待機している場合もあるので油断は禁物(Nシステムのモニターを見ている人は、必ずいるはず)。

Nシステムは何のために使われているのか

 すでに2017年の「東名あおり運転事故」などの重大事件の犯人検挙に、Nシステムが役立ったという実績はたくさんあるが、いつもどこかで監視カメラで見張られている社会になっているのもひとつの事実で、ある種の安心と引き換えに、やましいことがなくてもカメラで撮影されるのはなんだかいい気がしないのだが……。

 おそらく今後ますますこうしたシステムは増えていくだろうが、ドライバーとしては、カメラの有無にかかわらず、ルールとマナーを守って、安全運転で走り続けることが肝心だ。

画像ギャラリー